滅びし者へ

競輪の勝負記ありのままです。 買い目はは現地・場外でレース直前に決めますので、事前予想はあまりしません。 十数年ぶりにネットに書きます。

第12R
1△新田 祐大 福島 31 90
2◯松谷 秀幸 神奈 34 96
3 深谷 知広 愛知 27 96
4 渡邉 晴智 静岡 44 73
5へ成田 和也 福島 38 88
6 坂本 貴史 青森 28 94
7へ稲川  翔 大阪 32 90
8◎和田真久留 神奈 26 99
9 園田  匠 福岡 36 87
 37 9 824 615
 坂本-新田ときたか。グランプリでの番手回りを想定して、ハコの練習なのか新田は。ともかく、坂本は、地元で新田に付けていただいての完全シード戦となれば、先行意欲満々だろう。
 坂本の先行を深谷が早めにカマす。新田の横まで行くから、新田の動きが見ものだ。番手捲りではなく、牽制するだろう。
 そうなると、ピッチが緩んで、隊列が短くなる。平凡ながら和田真に出番が訪れる。捲り切れ。

KAGI

第11R
1へ坂本 貴史 青森 28 94
2◎稲川  翔 大阪 32 90
3 香川 雄介 香川 43 76
4へ松浦 悠士 広島 26 98
5△深谷 知広 愛知 27 96
6 小原 太樹 神奈 29 95
7◯椎木尾拓哉 和歌 32 93
8 山賀 雅仁 千葉 35 87
9 守澤 太志 秋田 32 96
 527 68 19 43

♪ ここでいっしょに 決めたらいいと
 すがる稲川の いじらしさ
 その場しのぎの ラインを組んで
 みちのく ひとり旅
 うしろ固める 椎木尾の声を
 せなで応える 道しるべ
 付いていけたら いつかは差せる
 夢でも差せるだろう

 これはこれは、地元の坂本に厳しい番組を組んだ。坂本は、強力な中近ラインに対して、3着までに入れるのか。厳しそうだ。だから、先行も視野に入れた組み立てになるだろう。深谷を7番手に置きたいところだ。そうすれば、南関と瀬戸内のラインが貧弱に過ぎるから、シード戦へ進出する可能性が生まれる。
 しかし、ここは深谷が、一気にカマし去り、直線で失速だ。

 本当の「ひとり旅」は、12Rニッタかな。成田が付いているから、新田の忖度捲りと信じれば、新田-成田でいい。もちろん3連単でしか買えないオッズになるだろうなあ。

KAGI

 しかし当たらないものですね。いったいいつ以来当たっていないのか、とろけた頭では思い出せません。ウラはけっこうあるんですけどね。スーパーで刺身買ってきて、一人で残念会をやっています。まあ、前を向きますわ。

 Sは平原が勇んで取った。関東に単騎の松谷が続いて、中団が東北ライン、最後尾が近畿ラインとなった。青板バックで始動した村上が、赤板で北ラインにかぶせると、一成はあっさり引いて、「逝くぞ」体制。村上は、打鍾前2センターあたりから踏み出して先行体制に入った。
 後ろを見ながら押さえ先行の村上に、打鍾バックあたりから一成が猛然と巻き返す。タマシイ渾身の踏み込みもスピードが違った。村上弟が4角で牽制したが、一成は素通り。タマシイがちょっと哀れに思われた。もっと放り上げんかぁ弟よ。
 叩き返した北日本ラインを追いながら、ホーム過ぎから平原が発進。新田が3角あたりで番手から出たが、時すでに遅し。一成と新田の間を平原が捲り去って(中割り捲りと名付けてみた)、最後に諸橋が追い込んだ。
(記憶に頼って書いているので、誤謬があるかもしれません。あしからず)

 戦わない選手が勝つ。


↑このページのトップヘ