佐世保の準決勝なんですが、

10R 北津留から4点でウラ。
11R 坂本か4点でヌケ(痛恨!!)
12R 5点買ったら当たっていたと、山田から5点でウラ。

敢闘精神が欠如してきました。競輪のない国に行きたい。

KAGI

レースが甘い?。積極性がない?。自在で上ってきた。先行選手しては新山より下。いやいや、あの脚があるから魅力いっぱいだ、太田は。久々に凄いと思うものを見た。

二段駆けが決まって、しかも、新山-早坂の二段駆けで、加えてサンサンで、さらにさらに6番手から。ふつうは、2着に届けません。車券的には、届いてほしくなかったので、憎たらしく感じたあの捲り追込み。

見どころあるレースだったじゃないですか。

二段駆けを、「まとめて面倒見る」日も来ると見ました。

KAGI

第12R
1◯渡邉 雄太 静岡 23 05
2△新山 響平 青森 24 07
3 原田研太朗 徳島 27 98
4へ黒田  淳 岡山 32 97
5◎早坂 秀悟 宮城 31 90
6 太田 竜馬 徳島 21 09
7 友定 祐己 岡山 38 82
8へ伏見 俊昭 福島 41 75
9 阿竹 智史 徳島 35 90
 47 1 639 258

太田を、車券で応援する時期は終わった。

いつものように番組に恵まれた。しかも他の自力屋は太田をそこまで認めてないのか、仕掛けが遅い。結局、太田が自分の距離で主導権を奪い、逃切り三連勝をスジで決めた。


おかげで、瀬戸内勢が5人も優参し、太田は徳島ライン三車の構成になった。注目されるだろう。たぶん一番人気は原田の頭だ。


しかし、ここでは太田より距離を踏める新山がいる。早坂を連れて主導権だ。サンサンではいかに太田のスピードでも巻き返せない。

原田-阿竹だけは押さえる。

KAGI

↑このページのトップヘ