滅びし者へ

競輪の勝負記ありのままです。 買い目はは現地・場外でレース直前に決めますので、事前予想はあまりしません。 十数年ぶりにネットに書きます。

頭は一つ。二つも買いたいレースは見。

又は

展開は一つ。

この二つが揃えば勝負レースだ。

記念は続くよどこまでも。
で、厄年過ぎた選手が前周りで本命を背負っている四日市記念初日特選。
様子見が吉かと。

KAGI

11R 優勝戦 1着 脇本 2着 大槻 3着 早坂

脇本は、脚を使って中団確保から捲り追込みでぎりぎり届いた。

やはり、心情車券はいけない。岩津は、ほぼ近畿ラインの一部状態だったよ。
素直に一ひねりで取れた車券だった。

それと、4日間長いもがきでは最終日は少しお疲れか。(早坂のこと)

ふう~

11R 優勝
1 稲垣 裕之 38 京都 86 脇本君
2 岩津 裕介 33 岡山 87 位置決めず自在に
3 脇本 雄太 26 福井 94 いつもどおり自力
4 大槻 寛徳 36 宮城 85 再び早坂君
5 早坂 秀悟 29 宮城 90 ライン先頭で自力
6 森川 大輔 28 岐阜 92 自力
7 柴崎 俊光 30 三重 91 森川君
8 明田 春喜 34 北海 89 北日本3番手
9 伊藤 保文 43 京都 71 稲垣君


548 67 2 319
早川と脇本だが。
明らかに早坂の方が出来が良い。
また、脇本は逃げては稲垣に交わされる。頭勝負のここ捲り勝負だ。
早川がそれを見透かしての主導権。
ただし、この番手は岩津が狙っている。
早坂は、飛び付かれないように一気にカマシたいところだ。
なお、一発は一発であって、二発目はない。
穴人気しそうな森川はいらない。

多少心情車券だが。
岩津=早坂
岩津-脇本
早坂-大槻

早坂-脇本を押さえる。

↑このページのトップヘ