滅びし者へ

競輪の勝負記ありのままです。 買い目はは現地・場外でレース直前に決めますので、事前予想はあまりしません。 十数年ぶりにネットに書きます。

■7R
 昨日暴走した服部が人気だが・・・。
 買うか買わないかは現場で決めよう。

■8R
1 青井 賢治 39 徳島81
2 金子 幸央 22 栃木101
3 櫻井 正孝 28 宮城100
4 川口 満宏 48 東京58
5 岡部 芳幸 44 福島66
6 長尾 拳太 22 岐阜103
7 神山雄一郎 47 栃木61
8 疋田  敏 47 愛知59
9 青森 伸也 38 福島87

359 274(神様付同県) 68 1
 う~ん。


■9R
1 海老根恵太 38 千葉86
2 山口 富生 45 岐阜68
3 大塚健一郎 37 大分82 
4 坂上 樹大 37 石川80
5 西川 親幸 49 熊本57
6 大庭 正紀 45 富山70
7 石毛 克幸 38 千葉84 
8 海野 敦男 44 静岡69
9 岡崎 智哉 30 大阪96


9(23)(45)6 178(同県)
 マーカー大塚が初手からトミオと直競り。もちろんアウトでやるだろう。
 懐かしい競輪だ。
 このパターンでは、岡崎=海老根って買い方をしたものだが、現代競輪で通用するのか分からない。
 海老根-石毛が売れるのかな。
 たぶん見。


■10R
1 和田  圭 29 宮城92
2 岩本 和也 40 石川76
3 渡邉 一成 32 福島88
4 渡邊  健 42 愛知76
5 牛山 貴広 34 茨城92
6 小嶋 敬二 45 石川74
7 香川 雄介 41 香川76
8 荒澤 貴史 36 北海85
9 濱田 浩司 36 愛媛81
 
318 5 624(地元同県) 97
 渡邉の奥さんは富山出身だそうだ。
 最終日のここ、義父母に魅せる積極駆けなら、今日こそ和田で交わる。
 小嶋がねじり鉢巻きでの爆走で、一成に脚を使わせてくれ。
 一成の出来は大いに不満。なので、和田から筋違いへ抜けてこい。
 四国ラインは一円もいらない。


■11R 優勝戦
                 G3決勝
1 脇本 雄太 26 福井94 4 3 0 15
2 松坂 英司 40 神奈82 1 1 1 11
3 山田 英明 32 佐賀89 0 0 1  4
4 近藤 隆司 31 千葉90 0 0 0  2
5 南  修二 33 大阪88 0 5 2  8
6 相川 永伍 31 埼玉95 0 0 0  0
7 五十嵐 力 36 神奈87 2 2 0  9
8 川木 敬大 36 兵庫84 0 0 0  1
9 志智 俊夫 42 岐阜70 4 3 4 12


1589 6 3 472
 心情的には、脇本に勝ってほしいし、勝てる面子だが。
 脇本には、特別決勝で稲垣や村上の生贄になるのを止めて欲しい。そのためにも記念で実績を積み上げることだ。脇本も、もう26歳なのだから。
 だいたいが、平原-武田がたらい回しを目論むからビッグで番手捲りが横行する。
 あっと、話題がずれてました。
 この優勝戦は、いろいろ狙える。点数はいらないが、頭を一つにするのが難しい。
 ど根性好漢脇本が、3車を引き連れて主導権だ。近藤の捲りが迫れば、南が荒い仕事をして、南がいなくなる。その時を4番手でイン狙っている奴が連穴だ。脇本-南、志智。
 単調に流れれば、南で差せる。脇本は、4日目は少し疲れる。南-脇本。
 配当と近藤の超抜を信じて、近藤=五十嵐。
 脇本と一成を捲った男=山田。後ろから喰われて二着なのがお茶目だ。今日はいらない。

【結論】
 脇本=南 脇本-志智、五十嵐、山田


今日は、朝から身を清めて出陣する。どりゃああああ~。



神山って、あの程度の選手なのに、神さまとか呼ばれているらしいですね。
いったい、誰があいつにそんな尊敬を感じているのか?。理解不能。

「自分だけ良ければよい」って競走を、優等生的な発言で化粧してきた奴。

今年の防府のなんでしたか、G2を優勝した後のKEIRIN.jpコに載っていたコメントに嗤ろた。
あんな勝ち方(客の想定の範囲内だが)で。

弥彦寛仁親王牌優勝戦の走りも極刑ものです。私の考えでは。

神山の番手からタイトルを取った選手の数を数えてみよう。

神山ファンには怒られるでしょうが、これが私の神山に対する(昔からの)心情です。

↑このページのトップヘ