滅びし者へ

競輪の勝負記ありのままです。 買い目はは現地・場外でレース直前に決めますので、事前予想はあまりしません。 十数年ぶりにネットに書きます。

10R準優
1 大槻 寛徳 36 宮城 85
2 西岡 正一 38 和歌 84
3 片寄 雄己 38 静岡 79
4 山口 貴嗣 36 福岡 82
5 早坂 秀悟 29 宮城 90
6 小岩 哲也 29 大分 101
7 中村 浩士 37 千葉 79
8 野原 雅也 21 福井 103
9 明田 春喜 34 北海 89

519 82 37 64
野原が快調早崎に挑戦。
唯一の3車のラインの先頭が一番強い自力選手かつ同地区ライン。狙いどころだ。
早坂は野原を出させまい。
注目の一車は、地元の野原。連日のロング捲りでピンピンと来た。
記念クラスのレースは、地元勢は侮れない。
ここを突破したとき、脇本が前を任せるかも見てみたいが。
野原が仮に捲り迫っても、大槻の仕事で飛ぶだろう。あるとしても3着。
片寄はここまで。
大槻の頭でどうか。

11R準優
1 柴崎 俊光 30 三重 91
2 稲川   翔 30 大阪 90
3 内藤 宣彦 44 秋田 67
4 森川 大輔 28 岐阜 92
5 稲垣 裕之 37 京都 86
6 小松 剛之 40 宮城 79
7 星島   太 44 岡山 66
8 岡村   潤 33 静岡 86
9 山崎 芳仁 36 福島 88

936 8 41 527
稲垣と山崎が対戦。
共にラインも3車同志で。
捲りタイプばかりで、仕掛けは遅くなりそうだ。
稲垣は、二日目の番手捲りだけでは信用できない。
今開催では初日に逃げた山﨑のほうに魅力を感じる。
う~ん。
そうだ、仕掛け遅ければ森川が一気にカマシ逃げる展開を期待。
3番手に8が付いていればなおさら面白い。
そうすれば、押しきれるだろうか。分からん。

12R準優
1 伊藤 保文 43 京 都 71
2 後閑 信一 45 東 京 65
3 岩津 裕介 33 岡 山 87
4 伊藤 正樹 42 愛 知 71
5 池田 勇人 30 埼 玉 90
6 中曽 直彦 42 千 葉 74
7 脇本 雄太 26 福 井 94
8 才迫   開 23 広 島 101
9 小倉 竜二 39 徳 島 77


526 714 839
脇本のお手並み拝見レース。先行で別線制圧と見るのが順当だ。
記念準優の地元中心選手には逆らわないほうがよい。ましてや、脇本なのだから。
ただし、岩津に筋の先行屋が付いているのが、特注だ。
しかし、脇本=岩津や、岩津-小倉では、妙味なし。
才迫が主導権で、2センターまで持てば、岩津は地元の脇本と張り飛ばす理由ができる。
(ただし、スピードが違うので素通りする可能性の方がもちろん高い。)
脇本お疲れ疑惑はまだ払拭されていない。ことに期待して、
岩津-池田、後閑、保文、伊藤あたりで軽く遊ぶのはどうか。脇本の頭を1点押さえて。


KAGI

7R
初日の金子が良く見えたのにこだわりすぎたかなあ。
地元3車ラインの角と、本命を背負った徹底先行型(=金子)のもがき合いを小岩がきれいに漁夫の利捲り。
これは、聡明な人なら想定できたことでは。買っていたら最後の半周が快感だっただろう。
配当も好かった。こういうのを取りたいものだ。

8R
地元の野原には厳しい番組だなと思っていたが。
津村が打鍾前からフルスロットル。付けた本命菅原は番手から出(られ?)ず。
若武者野原が捲り去る。
この配当では買ってなかっただろう。

10R
志村タイガーは虎でなく犬だった。何もせず。
2車単で170円
こんなのは取れなくてもよい。
ただし、3連単は抜けて好配当。

11R
稲川がS取って、入れ替わった地獄の七番手から、好漢脇本が華麗に蘇る。
近畿ラインは、捲り狙いだったか。
また本命だ。


予選で上がり11秒台をたたき出した梶田と、驚異の徹底先行奥井が激突。
さすがは、立川ともなると選手が豪華です。

奥井がオールスターに乗れないのが、かえすがえすも惜しい。

↑このページのトップヘ