帰宅するなり、パソコンの電源を入れようとしたら、早朝に投票で利用したまま、切り忘れていた。手間が省けて、いい塩梅だ。すかさず、Kドリームスのページを開き、別府記念の結果ページへ軽快にジャンプだ。

そして、じわーり、じわーりと慎重の上にも慎重に、下方向にスクロールさせる。もちろん、マウスのクルクル回るやつでスクロールしてはいけない。右側のバーをつまんで、ミリ単位の移動だ。息を止めていたかもしれない。

そして、12レースのダイジェスト映像ボタンだけが見えるところに到達した。ふうっ。当たっている結果を知ってから、ダイジェストを見ても面白くないからね。

そして1分後

なんじゃこりゃあぁぁぁ!。

KAGI

第12R 
1へ大塚健一郎 大分 40 82
2へ岩津 裕介 岡山 35 87
3 古性 優作 大阪 26 00
4◎竹内 雄作 岐阜 30 99
5◯木暮 安由 群馬 32 92
6 田中 晴基 千葉 31 90
7 坂口 晃輔 三重 29 95
8 橋本  強 愛媛 32 89
9△中村 浩士 千葉 39 79
 69 31 5 47 28

細切れ戦。しかもそのうち一つは岩津のラインだとは。

この構成で、よもや竹内が先行できないことはないだろう。竹内の頭で行く。

古性と木暮の似た者どうしは、車の出が良いとは思えないし、組み立てがかぶる。地元の大塚を背負った古性の出方が見ものだ。イン粘りはあるのか。三番手からでは間に合わないぞ、古性よ。内粘れ。

そこで、戦う坂口と古性を消す。竹内と木暮がゾロ目の車番なのもオシャレじゃないかな。

KAGI

第12R
1◎村上 義弘 京都 43 73
2 岩津 裕介 岡山 35 87
3 坂口 晃輔 三重 29 95
4 橋本  強 愛媛 32 89
5△中村 浩士 千葉 39 79
6◯菊地 圭尚 北海 37 89
7へ竹内 雄作 岐阜 30 99
8へ松岡 貴久 熊本 33 90
9 古性 優作 大阪 26 00
 91 73 5 6 824

自力・自在型で最も弱い松岡だけが3車の細切れ戦。

村上が付ける古性の走りが焦点だ。タマシイ先行があるのか。まあ、竹内の三番手を取りに動くのが普通だが、そこを取れても、竹内に逃げさせては捲り不発がありうる。それならと、古性が竹内つぶしの先行に出るのか。

ともかく、古性は村上を勝負権のある位置までは連れていくだろう。近畿ワンツーは無いと見た。

KAGI

↑このページのトップヘ