滅びし者へ

競輪の勝負記ありのままです。 買い目はは現地・場外でレース直前に決めますので、事前予想はあまりしません。 十数年ぶりにネットに書きます。

第11R 優勝戦
1 村上 義弘 京都 43 73
2 渡邉 一成 福島 34 88
3△平原 康多 埼玉 35 87
4◯諸橋  愛 新潟 40 79
5◎稲川  翔 大阪 32 90
6 守澤 太志 秋田 32 96
7へ村上 博幸 京都 38 86
8へ松谷 秀幸 神奈 34 96
9 新田 祐大 福島 31 90
 296 175 34 8
 過去4か月の成績で、逃げの決まり手を持つのは守澤のみ。この構成で、このバンクでは逃げたら終わりだ。
 そんななか、一成がニッタの前を周る。去年、今年と新田の後位からタイトルをさらった一成だけに、今日は逝くのか。否、福島に二段駆け無し。だいいち、最新のタイトルホルダーであり、先行選手でない渡邊にそんな走りは許されない。
 では誰が逃げるのか。そう、タマシイが暑苦しいくらいの闘志で、打鍾先行だろう。ラインも長く、かつ弟が後位にいて、なにより前周りの選手の中で一番弱い。ついでに最高齢だ。中段をクールに平原で、福島は定位置からだ。
 近畿-関東-北でピッチが上がって、北は外回りで平原に併せられて消える。平原は弟に放り上げられて消える。
 そうなると、行儀がいいのが気にはなるが、三番手から浪速の鬼脚が出てくる。
 優勝戦だけに、配当的に平原-諸橋で元取りできるだろう。

KAGI

第10R
1 中川誠一郎 熊本 38 85
2へ木暮 安由 群馬 32 92
3△稲川  翔 大阪 32 90
4 吉田 拓矢 茨城 22 07
5◎稲垣 裕之 京都 40 86
6 鈴木  裕 千葉 32 92
7へ岩津 裕介 岡山 35 87
8 松谷 秀幸 神奈 34 97
9◯村上 博幸 京都 38 86
 593 68 421 7
 メンバーを見たときには、近畿のものだと思ったのだが、中川が、関東勢に付けることで変なことになった。しかも、2~3着のスペシャリスト・岩津が単騎でウロウロするらしい。
 人気は、混成ラインとと近畿で割れるだろう。珍しく自力の稲垣を信じる。即席ラインの先行を捲ってしまえ。今節はできがよいと見た、稲垣は。

第11R
1へ村上 義弘 京都 43 73
2◯坂口 晃輔 三重 29 95
3へ山田 英明 佐賀 34 89
4 南  修二 大阪 36 88
5◎竹内 雄作 岐阜 29 99
6 山田 久徳 京都 30 93
7△新田 祐大 福島 31 90
8 守澤 太志 秋田 32 96
9 坂本 亮馬 福岡 32 90
 78 614 39 52
 両山田に新田は、先行で勝負する脚ではない。ということは、構成的には竹内が有利だ。ただしライン二車なのがマイナス点。この竹内ラインの三番手を両山田が争い、新田は後方からの捲り。一日休んで脚も回復したことだろう。
 先行一車の竹内が押し切る。
 山田がバカ逃げしてのタマシイ二段駆けなら諦める。

第12R
1へ渡邉 一成 福島 34 88
2◯平原 康多 埼玉 35 87
3◎原田研太朗 徳島 26 98
4 澤田 義和 兵庫 44 69
5へ伊勢崎彰大 千葉 38 81
6 渡部 哲男 愛媛 37 84
7△諸橋  愛 新潟 40 79
8 小松崎大地 福島 35 99
9 金子 貴志 愛知 42 75
 27 81 5 36 94
 この構成なら、原田でもやれるのではないか。ただし、哲男は千切れる。展開有利そうな渡邉は、先行の番手が不慣れで評価を下げる。
 しかし、金子のおっさんはここで自力とは元気なことだな。

KAGI

第10R
1 中川誠一郎 熊本 38 85
2 木暮 安由 群馬 32 92
3△稲川  翔 大阪 32 90
4 吉田 拓矢 茨城 22 07
5◎稲垣 裕之 京都 40 86
6 鈴木  裕 千葉 32 92
7 岩津 裕介 岡山 35 87
8 松谷 秀幸 神奈 34 97
9◯村上 博幸 京都 38 86
 593 68 4217
 メンバーを見たときには、近畿のものだと思ったのだが、中川が、関東勢に付けることで変なことになった。G2の準優で4人のラインができてしまった。しかも、4番手は2~3着のスペシャリスト・岩津だ。この組み合わせは無視できない。
 人気は、関東プラスと近畿で割れるだろう。俺は、珍しく稲垣を信じる。即席ラインなんか、近畿の絆でぶち破れ。G線は、近畿三人の一騎打ちだ。絞る。

第11R
1◎村上 義弘 京都 43 73
2へ坂口 晃輔 三重 29 95
3◯山田 英明 佐賀 34 89
4 南  修二 大阪 36 88
5へ竹内 雄作 岐阜 29 99
6 山田 久徳 京都 30 93
7 新田 祐大 福島 31 90
8 守澤 太志 秋田 32 96
9△坂本 亮馬 福岡 32 90
 78 614 39 52
 新田が消える。順当に竹内が逃げるか、タマシイ二段駆けで山田が逃げるかは分からない。しかし、近畿ラインが新田より前にいる可能性は極めて高い。そうすると、南が手荒い仕事で新田と共倒れる。そうなると、北ラインは一円もいらない。
 タマシイは、これで頭を取らなければ男がすたる。アドレナリン満開で番手捲る。インタビューまで予想したぞ。「後輩の、山田久と南が頑張ってくれた。一着をとれてよかったです」
 次位は地元の山田英ラインから。

第12R
1◯渡邉 一成 福島 34 88
2△平原 康多 埼玉 35 87
3◎原田研太朗 徳島 26 98
4 澤田 義和 兵庫 44 69
5 伊勢崎彰大 千葉 38 81
6 渡部 哲男 愛媛 37 84
7 諸橋  愛 新潟 40 79
8 小松崎大地 福島 35 99
9 金子 貴志 愛知 42 75
 27 81 5 36 94
 小松崎が突っ走らなければ、原田で十分やれる構成だ。哲男は千切れる。

KAGI

↑このページのトップヘ