滅びし者へ

競輪の勝負記ありのままです。 買い目はは現地・場外でレース直前に決めますので、事前予想はあまりしません。 十数年ぶりにネットに書きます。

昭和63年青森全日本選抜の出走表(井上30歳)

得点 123.436
1着 21
2着  2
3着  6
着外  2


捲  4
差 19


 古性がやりましたね。ゴチャゴチャになった3・4角で、車の間へ入っていった闘志は見事と思います。マーク屋のくせに、サンドを嫌って3角で止めた金子とは対照的ですね。
 その古性を追って、イン付きで二着の岩津も、さすがの走りでした。古性を交わせなかったのは、俺が頭で買っていたからでしょう。

 古性よ浪速の動ける鬼脚となれ。

KAGI

第7R
1◯小倉 竜二 徳島 41 77
2 村上 博幸 京都 38 86
3△木暮 安由 群馬 32 92
4 中井 俊亮 奈良 24 03
5へ菅田 壱道 宮城 31 91
6◎太田 竜馬 徳島 21 09
7へ和田真久留 神奈 26 99
8 友定 祐己 岡山 38 82
9 合志 正臣 熊本 39 81
 618 39 7 42 5
 太田が中井俊に挑戦する。スピードでは太田だ。
 五月晴れで、空が眩いほどに蒼い。 気温も上がってスプリンターの季節到来だ。
 打鍾で主導権は中井だろうが、カマシか捲りで決着をつける。小倉が追えるのか、終えるのかが頭痛の種。
 中井-村上を少々(セコっ)

第9R
1◯東口 善朋 和歌 37 85
2 神山雄一郎 栃木 49 61
3△山崎 芳仁 福島 37 88
4 戸田 康平 香川 25 01
5へ守澤 太志 秋田 31 96
6 柴崎 俊光 三重 32 91
7◎稲毛 健太 和歌 27 97
8へ天田 裕輝 群馬 32 91
9 三宅 達也 岡山 39 79
 82 35 716 49
 昨日好印象(打鍾前先行)の稲毛が、今日は得意のカマシか捲りで決める。地元両者一騎打ちのための番組だ。安いだろうから、三着をスジでなく、へんなのにする。

第12R
1 武田 豊樹 茨城 43 88
2 渡邉 一成 福島 33 88
3◎岩津 裕介 岡山 35 87
4 金子 貴志 愛知 41 75
5 新田 祐大 福島 31 90
6 中村 浩士 千葉 39 79
7 浅井 康太 三重 32 90
8 古性 優作 大阪 26 00
9 平原 康多 埼玉 34 87
 91 25 6 83 74
 展開も、平原・武田の出来も不明だ。関東両者と、新田が売れるのだろう。
 ただ一人番手を回れるマーク屋の岩津で遊ぶ。かるーくね。

KAGI

↑このページのトップヘ