滅びし者へ

競輪の勝負記ありのままです。 買い目はは現地・場外でレース直前に決めますので、事前予想はあまりしません。 十数年ぶりにネットに書きます。

第11R
1 阿久津 修 栃木 36 88
2△飯野 祐太 福島 32 90
3◯神山雄一郎 栃木 49 61
4 吉田 健市 愛知 39 87
5へ竹内 智彦 宮城 40 84
6 高橋 紀史 秋田 30 91
7へ谷口 遼平 三重 23 03
8 大屋 健司 広島 35 87
9◎金子 哲大 埼玉 28 95
 256 74 8 931
 初日予選で見事に逃げ切った金子に期待する。神山では変わらない。

第12R
1へ山中 秀将 千葉 30 95
2◎稲川  翔 大阪 32 90
3へ神山 拓弥 栃木 30 91
4 池田  良 広島 31 91
5◯稲垣 裕之 京都 39 86
6 松岡 篤哉 岐阜 34 97
7 山田 久徳 京都 29 93
8 北野 武史 石川 44 78
9△武田 豊樹 茨城 43 88
 14 93 752 68
 山田が前周りの近畿が、好調・松岡を制して主導権を握らなければならない構成だ。ということは、稲垣は番手から出ざるを得ない。更に稲川。順調な武田はもちろん消せない。
 稲垣の甘さが気になるが・・・。

KAGI
 

 ちょっと朝酒飲んだので、過ぎたことをグダグダ書いてみる。
 去年の記念の優勝戦(岸和田だったかなあ、近畿が分かれて古性が優勝したやつかな)で、三谷が往年の神山のように、前でピッチを上げながら「逃げるぞ逃げるぞ」と見せて中団を確保したレースがあったと思う。
 この男は、そうとうレース勘がいいのかなあ。ダービー優勝戦は、脚力もあるが、位置取りの勝利だった。ただ、時として前と車間が空くときもある。ダッシュがちょっと苦手なのかな。
 ともかく、これで、グランプリも決まり賞金もたまったことだし、これから近畿を引き連れて逃げて見せて、年末には位置取りをして頭を取ってもらいたいものだ。
 捲りでしか勝てない奴(=平原)が輪界最強なんてダメだ。初心者にもわかりにくい。逃げ・捲り兼備のもっと凄いのが現れないといけない。まあ、それは三谷ではないだろうが。



第10R
1へ園田  匠 福岡 35 87
2◎神山 拓弥 栃木 30 91
3へ山田 久徳 京都 29 93
4 武井 大介 千葉 36 86
5 松岡 貴久 熊本 32 90
6 矢野 昌彦 栃木 35 91
7 稲毛 健太 和歌 27 97
8◯牛山 貴広 茨城 36 92
9△山中 秀将 千葉 30 95
 51 94 73 628
 地元の矢野がねじり鉢巻きで逃走する。つける神山拓=牛山で。

第11R
1◯稲垣 裕之 京都 39 86
2 渡部 哲男 愛媛 37 84
3へ山崎 芳仁 福島 37 88
4 渡邉 雄太 静岡 22 05
5 池田  良 広島 31 91
6へ飯野 祐太 福島 32 90
7◎海老根恵太 千葉 39 86
8 林  雄一 神奈 38 83
9△稲川  翔 大阪 32 90
 19 2 63 5 478
 渡邊の先行だろう。展開的には海老根だ。相手は力の近畿両者。


第12R
1◎武田 豊樹 茨城 43 88
2 竹内 智彦 宮城 40 84
3 山田 幸司 神奈 45 78
4 北野 武史 石川 44 78
5へ小倉 竜二 徳島 41 77
6へ北津留 翼 福岡 32 90
7◯神山雄一郎 栃木 49 61
8 松岡 篤哉 岐阜 34 97
9△菅田 壱道 宮城 31 91 
 92 173 65 84
 地元の神山のための番組だ。タケダ・神山ともに調子が上向いているみたい。
 差したりして。
 え、ズブズブ?。

KAGI

↑このページのトップヘ