準優を見直すと、最終Rの桑原は痛恨の判断ミスに見えます。北津留不発と見て、捨てて自ら捲ったとしか思えない。そのまま付いていれば2着だったでしょうに。
 さあ、今年の特別競輪も今日で打ち止めです。

第11R
1へ浅井 康太 三重 33 90
2 佐藤慎太郎 福島 41 78
3 中川誠一郎 熊本 38 85
4△池田  良 広島 31 91
5◎太田 竜馬 徳島 21 09
6 内藤 秀久 神奈 35 89
7◯橋本  強 愛媛 32 89
8 井上 昌己 長崎 38 86
9 郡司 浩平 神奈 27 99
 12 38 574 96
 太田は、前取らされた時の勝率が低い気がする。ここは、浅井か、淡白男・中川が前を取ってくれないだろうか。ちなみに、私が書いているうえの並びは、赤競のものである。こうなってくれれば、太田にベストだと思う。
 前を取らされたとしても、太田に先行で勝負してくる選手はいない構成だ。ピッチは上がらないから、斬られたらさっさと引いて、叩き返せばいい。この構成なら一番人気だろう。
 橋本なら、昨日の小倉のようにならない、と信じる。

第12R 決勝
1◎新田 祐大 福島 31 90 快速披露
2◯諸橋  愛 新潟 40 79 差脚鋭い
3△金子 貴志 愛知 42 75 弟子使い
4 北津留 翼 福岡 32 90 制御不能
5へ平原 康多 埼玉 35 87 調子心配
6 渡邉 晴智 静岡 44 73 山中次第
7へ深谷 知広 愛知 27 96 連日2着
8 木暮 安由 群馬 32 92 準優闘志
9 山中 秀将 千葉 31 95 捲り鋭い
 85 12 96 73 4
 「関東の並びや如何に」と考えていたが、三人が並ばないとは思わなかった。小倉抗争勃発、仁義なき戦いだ。
 構成は、5対子の聴牌状態で、パルプンテ北津留までいて狙いにくいことこの上ない。
 展開は読めない。先手は深谷で、木暮がなにか暴れそう、程度しか。
 だから、一番脚の有る新田を推す。諸橋なら付け切るか。新田は絶対に差させない仕掛けだろう。それが仇とならならなければよいが。

KAGI

 発泡酒が無くなってしまったので、歌を止めにした。そこで、今日一番へんと思ったことを。

 第9Rで、太田が先行して、捲ってきた脇本を太田マークの小倉が張って止めた。しかし、小倉は、あんよが足りず、着外に消えた。脇本の後位から椎木尾が伸びて一着。二着は太田だった。

 その小倉を、ヤマコウは褒めたたえていた。おかしいんじゃないのか。番手で張るのはいいが、着外に消えた奴が褒められるのか。ひるがえって、太田にしても、同県の大先輩・小倉の仕事で2着にはなれたが、仕事した小倉が着外では心苦しいだろう。今日は負け戦だったが、勝ち上がり戦なら、なおさらラインを連れ込みたいのが自力選手だ。

 私の判定では、小倉は普通以下。褒められたものではない。張って消えて車券に貢献していない。

 こういう不利が太田にはある。と、まず太田へのエールを送る。

 そして、2点目は、ヤマコウが、浪花節的な逃げ潰れ・ガードヒラヒラを誉めそやすのは、絶対に変だ。

KAGI

あなたとネ、今日がチャンスね、次のステップ進みたいの
さっきからネ、気づいてるよネ、レース賑わす打鍾のかね
今度は獲れるかもしれない 新田も木暮も止まってほしい
つないだ輪にギュッと力こめた

慎重にネ、なり過ぎるとネ、マーク屋は途方に暮れちゃうよ
師匠をネ、失ったらネ あなたの人生終わりだよ~
2角の上から捲っておいて、”ちょっと落ちたか?”なんて聞かないで
性格変えたほうがいいかもよ

絶好調真冬の金子、深谷に乗って
急上昇熱いハート、とけるほど交わしたい
GP寸前、幸せのゴール
私だけに、ジャンガマシ 贈って欲しいの~

↑このページのトップヘ