発泡酒が無くなってしまったので、歌を止めにした。そこで、今日一番へんと思ったことを。

 第9Rで、太田が先行して、捲ってきた脇本を太田マークの小倉が張って止めた。しかし、小倉は、あんよが足りず、着外に消えた。脇本の後位から椎木尾が伸びて一着。二着は太田だった。

 その小倉を、ヤマコウは褒めたたえていた。おかしいんじゃないのか。番手で張るのはいいが、着外に消えた奴が褒められるのか。ひるがえって、太田にしても、同県の大先輩・小倉の仕事で2着にはなれたが、仕事した小倉が着外では心苦しいだろう。今日は負け戦だったが、勝ち上がり戦なら、なおさらラインを連れ込みたいのが自力選手だ。

 私の判定では、小倉は普通以下。褒められたものではない。張って消えて車券に貢献していない。

 こういう不利が太田にはある。と、まず太田へのエールを送る。

 そして、2点目は、ヤマコウが、浪花節的な逃げ潰れ・ガードヒラヒラを誉めそやすのは、絶対に変だ。

KAGI

あなたとネ、今日がチャンスね、次のステップ進みたいの
さっきからネ、気づいてるよネ、レース賑わす打鍾のかね
今度は獲れるかもしれない 新田も木暮も止まってほしい
つないだ輪にギュッと力こめた

慎重にネ、なり過ぎるとネ、マーク屋は途方に暮れちゃうよ
師匠をネ、失ったらネ あなたの人生終わりだよ~
2角の上から捲っておいて、”ちょっと落ちたか?”なんて聞かないで
性格変えたほうがいいかもよ

絶好調真冬の金子、深谷に乗って
急上昇熱いハート、とけるほど交わしたい
GP寸前、幸せのゴール
私だけに、ジャンガマシ 贈って欲しいの~

あなた変わりはないですか~
日ごとヤラレがつのります
来てはくれないフォーメイション
寒さこらえて案出ます
漢ごごころの未練でしょう
あなた~買えない
北の津留

やけっぱちで酔っぱらっています。
止そうは、明朝

KAGI

↑このページのトップヘ