滅びし者へ

競輪の勝負記ありのままです。 買い目はは現地・場外でレース直前に決めますので、事前予想はあまりしません。 十数年ぶりにネットに書きます。

第7R
1◎阿部 大樹 埼玉 28 94
2へ松岡 貴久 熊本 33 90
3△飯野 祐太 福島 33 90
4 阿部 力也 宮城 29 00
5◯江守  昇 千葉 42 73
6 守安 政雄 岡山 39 94
7へ齋藤登志信 宮城 44 80
8 春日 勇人 千葉 41 82
9 西川 親幸 熊本 52 57
 158 296 374
 再度阿部に期待する。番組屋が、地元勢を付けたってことは、阿部が一番強い自力なんだ。なんだか、江守の成績がよくて気持ち悪い。


第11R
1 稲垣 裕之 京都 40 86
2 諸橋  愛 新潟 40 79
3 山中 秀将 千葉 31 95
4 佐藤慎太郎 福島 40 78
5 橋本  強 愛媛 32 89
6 小川 勇介 福岡 32 90
7 吉田 拓矢 茨城 22 07
8 稲毛 健太 和歌 28 97
9 中村 浩士 千葉 39 79
 39 815 72 4 6
 稲垣が本命だが、どのラインからも狙える。オッズも見えないここは見送り。

KAGI

第9R
1△伊藤 勝太 福島 29 95
2◎阿部 大樹 埼玉 28 94
3 才迫  開 広島 25 01
4 越智 展孝 愛媛 36 88
5◯武藤 龍生 埼玉 26 98
6 金野 俊秋 岩手 34 92
7 吉永 好宏 広島 42 80
8へ福田 拓也 栃木 25 00
9へ佐藤 和也 青森 37 95
 374 258 916
 小松島記念前から調子を上げた、阿部の実績が断然だ。ここは、固いのではないか。

第12R
1◎小松崎大地 福島 35 99
2へ稲毛 健太 和歌 28 97
3 神山 拓弥 栃木 30 91
4 小川 勇介 福岡 32 90
5へ長島 大介 栃木 28 96
6 筒井 敦史 岡山 41 85
7◯江守  昇 千葉 42 73
8 杉本 正隆 茨城 31 96
9△稲垣 裕之 京都 40 86
 538 176 294
 最終を買わないと、それまでに勝敗が決してしまって面白くない。たとえ、それが気が向かないレースだったとしても。上昇気配・小松崎の一発に期待。ヤモリがなんとかくっつく。稲垣-稲毛を押さえない。資金集中だ。


 おっと、最後にグランプリが見えてきた愛は、10Rで吉田拓の番手回りです。

KAGI

 深谷ラインが、押し出されて前受け。赤板で新山が叩くと、松浦ラインが切り替えて、深谷ラインは6番手に下がる。そして、打鍾前2角から、深谷がカマシ返す。ここまでは、想定どおりだった。

 ところが、深谷に併せた新山の踏み込みに、松浦が付け切れずに車間が空いてしまった。空いた4番手に、深谷が下りる。ここで勝負あり(泣)。深谷の後位は、稲川と松浦の競りとなったが、当然稲川が制した。

 満を持して2角捲った深谷が、ぶっちぎりの完勝。離れながらもなんとか稲川が2着。新山マークで、無職の神山が離れた三着。さしずめ、追い越し待ち停車で、のぞみ とひかりに行かせて、発車したこだまってところか。

 松浦は、あのメンバーで前周りをする脚がないことを痛感した。

 はるきさん、おめでとうごさいます。

KAGI

↑このページのトップヘ