滅びし者へ

競輪の勝負記ありのままです。 買い目はは現地・場外でレース直前に決めますので、事前予想はあまりしません。 十数年ぶりにネットに書きます。

2015年09月

P9300714

◇注目選手
椎木尾拓哉 30 和歌93 2R
栗山 俊介 27 奈良03 7R
成田 和也 36 福島88 11R 
稲毛 健太 26 和歌97 12R

観客の地元愛いっぱいの向日町バンクに稲垣・村上が揃い踏み。
施行者としては、グランプリに向けて、どうしても村上に優勝してほしいことだろう。
初日は稲毛がウマだ。
弟も乗っているが落後で無理だろう。

第6R
なんとも、一貫性のない買い方で外れる。こんな買い方バカにしていたのに。千葉作戦成功。
P9240708


第7R
資金が欲しかったのだろうな。やっぱり菅田なら交わしそうと意気地なく頭が二つの多面張。もちろんハズレ。平原の先行とは。原田よく捲ってくれた。
P9240709

第9R
山崎が早めに行ってくれたので交わった。資金集中が弱い。和田のヒモが多すぎ。村上のヒモは不要。
P9240710

第10R
さすがに武田に被っていない。買いと思わなかったのに当たった勢いでフラフラ買ってしまう。結果は、伊予の鬼脚イン捲り炸裂。
P9240711


第11R
押さえてました。すみません。
P9240712


第5R
胡椒かと思うが混成ラインだし、天田がいるので買わない。

第6R
1 石井 秀治 36 千葉86
2○林  巨人 32 愛知91
3 菅原  晃 36 大分85
4 佐々木則幸 39 高知79
5◎吉田 敏洋 35 愛知85
6 福田 知也 33 神奈88
7 北津留 翼 30 福岡90
8 山口 富生 45 岐阜68
9 鈴木  裕 30 千葉92
 734 528(同県) 916(地元同県) 
 きれいな三分戦。石井が売れるようなら、元気な吉田の中団捲りを。
 北津留も活発だが、俺が買うと来ないから買わない。

第7R
1 平原 康多 33 埼玉87
2×原田研太朗 25 徳島98
3 中川誠一郎 36 熊本85
4 大槻 寛徳 36 宮城85
5 望月裕一郎 45 静岡65
6へ坂本健太郎 35 福岡86
7○菅田 壱道 29 宮城91
8 後閑 信一 45 東京65 
9◎小松崎大地 33 福島99
 185 23(他人) 6 974(後同県)
 この構成ならラインの厚い北勢が大威張りで主導権だ。菅田は仕事。
 平原より原田。

第9R
1×岩津 裕介 33 岡山87
2◎佐藤 友和 32 岩手88
3 林  雄一 37 神奈83
4 小倉 竜二 39 徳島77
5○山崎 芳仁 36 福島88
6 松坂 英司 40 神奈82
7 村上 義弘 41 京都73
8 郡司 浩平 25 神奈99
9 和田  圭 29 宮城92
 529 714 836(3車同県)
 神奈川軍事パレードに対して村上がタマシイ自力で自爆。最後に山崎捲り去る。

第10R
1 武田 豊樹 41 茨城88
2 渡邉 一成 32 福島88
3 井上 昌己 36 長崎86
4 橋本  強 30 愛媛89
5へ諸橋  愛 38 新潟79
6 鈴木謙太郎 30 茨城90
7 浅井 康太 31 三重90
8へ野田 源一 36 福岡81
9 内藤 宣彦 44 秋田67
 8 734(混成) 29 615(タケダ同県)
 復調の同県鈴木に乗る故障車武田の責任重大。カブれば発動。

第11R
1 神山雄一郎 47 栃木61 4 3 4 3 準優見事
2○大塚健一郎 37 大分82 4 1 0 6 捌き堅実
3へ稲垣 裕之 38 京都86 8 2 2 7 勝負弱い
4×竹内 雄作 27 岐阜99 4 1 1 8 指名手配
5 渡邉 晴智 42 静岡73 3 5 3 9 追走安定
6 武井 大介 34 千葉86 2 0 2 1 線の一部
7◎新田 祐大 29 福島90 5 2 0 6 脚力温存
8へ桐山敬太郎 33 神奈88 0 0 1 7 連日見事
9 稲川  翔 30 大阪90 0 0 2 3 ここでは
 39 865(南関3車) 42(他人) 71(他人)
   ←39 ←71 
 ←865
←42
 昨日落ち着いた仕掛けで、関東黄金コンビを沈めた飛騨の快速先行が主導権を渡さない。
 付けるは豊後の鬼脚大塚だ。優勝戦のここ、渾身の差し脚を向ける。
 竹内の先行は、ほぼ一本棒となる惚れ惚れとする逃げっぷりだ。しかし、ここは、連日奮戦する桐山が黙っていない。経験豊富な稲垣ともども波状攻撃をかけてくる。
 そうなれば、最後方に控えし世界の脚の出番だ。桁違いのスピードで捲り去ろう。準優でほとんど脚を使っていないのが好材料だ。そう、ダービーのときのように。加えて、短走路を意識してか、ある程度動いて後方に置かれないようにしている今開催だ。もっと楽な展開もありうる。コイツはなかなか賢いのかもしれない。
 ただし、あの小林優香でも飛ぶのがここ松戸。新田で万全ではない。中穴党期待の星はもちろん飛騨のF1先行(バージョンアップしてみた)だ。仕掛けどころと疲労蓄積度合いがKAGI。

第6R
近畿と南関でやり合ってしめしめと思っていたら、あっというまに一列に。
P9220704

第9R
岩本ってこういう奴だったのか。南関の自力屋はいかん。
P9220705

第10R
展開がまるで違う。中川ぁ
P9220706

第11R
稲川仕事必要なしで。へんなの来なかった。
P9220707

第9R
1 井上 昌己 36 長崎86 08/14 4 1 1 12
2◎新田 祐大 29 福島90 12/17 10 2 1 6
3×村上 義弘 41 京都73 12/21 5 2 3 11
4 橋本  強 30 愛媛89 05/17 1 0 5 11
5へ稲垣 裕之 38 京都86 18/23 5 3 2 8
6 岩本 俊介 31 千葉94 08/23 0 0 0 4
7 神山雄一郎 47 栃木61 13/20 1 6 2 12
8○海老根恵太 38 千葉86 12/20 2 2 0 8
9へ諸橋  愛 38 新潟79 07/22 5 3 3 8

 14(他人) 53(魂同県) 68(地元同県) 27(他人) 9 
 準優一番の激戦区。たいてい準優の一本目がこうなる。
 寛仁親王牌優勝戦で武田から「捲り追込みの選手」と喝破された新田だが、今開催は積極的に動けている。残り一周フルスロットルで、最後尾からでも華麗に蘇る。追走は脚を全然使わずに勝ち上がれた神山だが、千切れるだろう。だから諸橋も付かない。
 最注目は千葉コンビの先行だ。番手廻る海老根が縦横無尽に立ち回われるか。
 海老根後位からの漁夫の利を諸橋が狙うだろう。海老根が振り上げれば、もちろんイン掬う。

第10R
1 渡邉 晴智 42 静岡73 16/25 2 0 1 5
2 中川誠一郎 36 熊本85 05/17 5 4 2 9
3◎浅井 康太 31 三重90 15/21 3 4 4 10
4へ佐藤 友和 32 岩手88 10/17 2 3 1 10
5 岩津 裕介 33 岡山87 11/15 4 4 1 12
6 武井 大介 34 千葉86 03/12 0 0 1 1
7○深谷 知広 25 愛知96 06/13 1 3 2 11
8へ桐山敬太郎 33 神奈88 07/13 5 1 0 11
9×渡邉 一成 32 福島88 05/11 5 2 1 8

 73 25 94 816(出方注目) 
 深谷で主導権を握れる構成だ。ならば追走する伊勢の鬼脚で堅い。鬼脚なら捲りを止めて、イン突き止めて前を残さなければならない。
 2車を背負った復活桐山の動きがカギ。三番手は楽に取れる構成なので浅井後位からと見たが、深谷のペース次第では番手飛び付きも。

第11R
1 武田 豊樹 41 茨城88 11/20 6 5 6 4
2×稲川  翔 30 大阪90 03/13 1 0 0 7
3へ山崎 芳仁 36 福島88 12/20 5 2 3 8
4 林  雄一 37 神奈83 06/18 2 1 2 15
5○平原 康多 33 埼玉87 12/17 4 4 3 6
6 和田  圭 29 宮城92 07/18 0 0 0 3
7 原田研太朗 25 徳島98 11/23 5 3 3 9
8◎竹内 雄作 27 岐阜99 18/23 6 1 2 11
9へ大塚健一郎 37 大分82 09/19 3 1 5 11

 4 51 79 82 36 4
 竹内で押し切れる構成だ。
 平原=武田は1円もいらないと見た。ここへかぶってくれ。

第5R二次予選
1 天田 裕輝 30 群馬91
2◎竹内 雄作 27 岐阜99
3 林  雄一 37 神奈83
4 郡司 浩平 25 神奈99
5 柴崎  淳 29 三重91
6 佐々木則幸 39 高知79
7 佐藤 友和 32 岩手88
8 後閑 信一 45 東京65
9へ菅田 壱道 29 宮城91
 18 97 6 43 25
 南関の地でイン粘りを連発する柴崎。ここは、やりかえされるかもね。
 竹内の調子もそれほどとは見えないけど、ここは負けない。

第6R二次予選
1 石井 秀治 36 千葉86
2 松岡 貴久 31 熊本90
3◎渡邉 一成 32 福島88
4へ佐川 翔吾 31 大阪94
5 渡部 哲男 35 愛媛84
6 坂本健太郎 35 福岡86
7 海老根恵太 38 千葉86
8 武井 大介 34 千葉86
9 大槻 寛徳 36 宮城85
 39 178(地元3車同県) 45(他人) 26
 千葉三人が揃い踏みだが、石井は故障明けでダメ。番手海老根は出来が良いが、先頭の戦闘能力が。
 ここは初日積極的に動いた一成の縦を。

第7R二次予選
1 原田研太朗 25 徳島98
2 根田 空史 27 千葉94
3 菊地 圭尚 35 北海89
4へ桐山敬太郎 33 神奈88
5◎早坂 秀悟 29 宮城90
6 鈴木謙太郎 30 茨城90
7 桑原 大志 39 山口80
8 岡田 征陽 35 東京85
9 岩津 裕介 33 岡山87
 68 197(瀬戸内3車) 24 53
 初日に見せ場を作った研太朗が岩津を付けていただいた。そのうえ瀬戸内でライン最長。
 しかし、一走目に差されたものの、時計も良かった早坂の積極駆けのほうが上だ。

第8R二次予選
1 和田  圭 29 宮城 92
2 望月裕一郎 45 静岡 65
3 川村 晃司 39 京都 85
4 野田 源一 36 福岡 81
5◎新田 祐大 29 福島 90
6 小埜 正義 34 千葉 88
7 小倉 竜二 39 徳島 77
8へ林  巨人 32 愛知 91
9 山崎 芳仁 36 福島 88
 47(他人) 591(同県) 62 38
 消極駆けの自力が揃って、新田のための番組か。川村の先行を後方から新田が捲る流れ。
 ただし、付けるのが山崎。再度捜索願いが必要かどうかが本命党の悩みの種だ。

第9R二次予選
1◎村上 義弘 41 京都 73
2 岩本 俊介 31 千葉 94
3へ成田 和也 36 福島 88
4 加藤 慎平 37 岐阜 81
5 小松崎大地 33 福島 99
6 坂本 亮馬 30 福岡 90
7 渡邉 晴智 42 静岡 73
8 福田 知也 33 神奈 88
9 脇本 雄太 26 福井 94
6 53(同県) 914(タマシイ3車) 278
 好一番。もちろんタマシイ村上が人気だが、地元岩本も好気配でここ奮戦必至。
 脇本は積極性は買うが、あれでは調子が分からない。
 小松崎-成田も元気だ。

第10R二次予選
1◎深谷 知広 25 愛知96
2 佐藤慎太郎 38 福島78
3 橋本  強 30 愛媛89
4 松坂 英司 40 神奈82
5 大塚健一郎 37 大分82
6 櫻井 正孝 28 宮城00
7 勝瀬 卓也 38 神奈84
8へ鈴木  裕 30 千葉92
9 内藤 宣彦 44 秋田67
 153(他人) 629 847
 投票順位1位の深谷が配慮された番組だ。後ろもしっかり。
 希望の星は、元気な地元の鈴木だが・・・・。

第11Rシード戦
1 武田 豊樹 41 茨城88
2 浅井 康太 31 三重90
3 稲川  翔 30 大阪90
4 中川誠一郎 36 熊本85
5 神山雄一郎 47 栃木61
6 諸橋  愛 38 新潟79
7 稲垣 裕之 38 京都86
8 井上 昌己 36 長崎86
9 平原 康多 33 埼玉87
 248 1956(関東大名行列) 73
 ドリームの深谷、オリオンの脇本の暴走で先行不在のメンバーに。
 大名行列が人気だろうが、武田平原で入れ替わりながら、ってところが気に食わない。
 浅井を応援しながら見る。

KAGI


P9200703

「ここは400か」

高木は上手く、そして慌てず仕掛けた。
それにしても優香は仕掛けが遅すぎ。
これだから松戸は恐い。

梶田は写真写り良すぎ。

◇初日好気配の選手
菅田 壱道 捲追込届
柴崎  淳 番手巡礼
野田 源一 捲り一閃
岩本 俊介 積極先行
和田  圭 番手堅守
成田 和也 見事差込

◇二日目注目選手
脇本 雄太 復活期待

◇二日目好調選手
郡司 浩平
佐藤 友和
佐藤慎太郎

◆二日目過信禁物選手
山崎 芳仁 捜索願い

◆二日目不要選手
石井 秀治 骨折明け

第9Rガールズコレクション
1○石井 寛子 29 東京104 14 5 1 6
2◎小林 優香 21 福岡106 23 0 1 0
3 高木 真備 21 東京106 1 5 0 18
4へ石井 貴子 25 千葉106 5 6 1 6
5 梶田  舞 28 栃木104 17 5 1 3
6へ加瀬加奈子 35 新潟102 7 10 4 6
7 長澤  彩 27 愛知106 4 6 2 11
(着度数は優勝戦)

サンサン名物ブン回し(昨日のドリームみたいな)も、ガールズではあり得ない。
平凡ながら優香が桁違いに一周モガキで捲り去る。
追走した選手が2着だ。寛子と見た。
高木の無欲駆けの後位・好位から、先に仕掛ける地元貴子か加瀬が3着。
梶田は落後で割り引いた。
優香-寛子-加瀬/貴子
あまりに安ければ、まさかの差し目を。

KAGI


P9180702

◇注目選手
平原 康多 治癒如何
浅井 康太 岐阜自力

◇好調選手
菅田 壱道 1R
松谷 秀幸 3R
佐川 翔吾 3R
磯田  旭 7R
稲毛 健太 7R
林  巨人 8R
服部 克久 8R

◆不要選手
稲川  翔

 今日は野暮用があって、優勝戦だけ間に合うかどうかってスケジュールだった。どうしても10Rを買いたかった。ので、快速先行したら、着差1/4輪で間に合った。よっしょあ。

 「ジャ~ンジャ~ンジャ~ン」
 俺のツムラ順天堂が離れた地獄の七番手だ。わたくしの本線消滅。しか~し、この展開でもまだ井上は生きている。一番人気一点張りくらいの受かりはあるはずの押さえがある。「へ」だけでなく「へへへ」までヒモを広げているからだ。もう井上-哲男はないだろう。ツムラよ行けえ~。

 津村ラインだけ見ていたから先手の東ラインの様子は分からない未熟な私。でも、この展開では、前で生きているのは「へ」か「へへへ」だと本能が悟る。
 
 津村がそこそこ不発捲ってくれたぞ。
 井上え~~~~~~~~~~~~~~~~~~~。

P9130697


 難解の優勝戦。タケダ、山崎、まさかの戦わない桑原のトリプル本線だ。おさえ多数。おまけに裏まで。いいんだ、今日でこの世が終わるわけでは無い。競輪も連綿と続くのだから。

 飛騨の快速先行が逃げてゆく。論理的に導かれる当然の帰結だ。でも少しふかし過ぎか。それよりなにより大問題なのは三番手無風で山﨑が回っていることだ。武田・浅井よどうしたんだ。岐阜は山﨑のワンダーランドかあ。

 仕方ないので、最終バックから竹内の背中を押す~。

 4角。湿地は当然無職だ。諦めながらも背中を押す~~~~~~~~。

 P9130699

↑このページのトップヘ