滅びし者へ

競輪の勝負記ありのままです。 買い目はは現地・場外でレース直前に決めますので、事前予想はあまりしません。 十数年ぶりにネットに書きます。

2016年03月

 引っ越しのため、アクセスできません。
 開通したらご連絡します。
 では、今後ともよろしくお願いします。

KAGI

 オッズを見た瞬間に深谷-金子を買う気が失せました。この構成で600円つかないのは、あまりにも安すぎると思ったからです。一番人気は新田だろうと思っていました。

 「新田から買うべきでは」と、ずいぶん迷いました。(どのみちハスレていますが・・)

 結局、新田からは押さえることとして、新田-金子としました。
 本線は金子-深谷として、ウラも同額を返して、金子から岩津と野田源で遊びました。ああ。

 近畿が決めましたね。俺が託した竹内は、引いてしまって巻き返せませんでした。
 脇本ができないことが、三谷にはできました。
 「近畿が出ても新田で捲れる」と思っていたので、眼中にない車券でした。

 深谷が終わったバックで、「新田か」と思ったのですが、さにあらず。
 新田は優勝戦で中団を回って勝てていませんね。立川記念、奈良記念に今回と。好位置を回った場合の仕掛けが遅すぎるのでしょうか。立川では仕掛けることすらできませんでしたけど。

 村上は、掬われたのをよく耐えました。今後は近畿の自力を育てるように、マーク屋的にやってもらいたいです。

 混戦模様が続きそうですね。

KAGI

◆準優の感想

第10R
 藤木がやや遅く打鍾くらいからフルスロットル。この遅めの仕掛けが良かったです。相手は捲り屋ばかりなので、誰も襲い掛かってこないと見透かしていたのでしょう。
 京都勢が、まんまと二段駆けに持ち込みましたが、あざ笑うかのように、6番手・新田が異次元のスピードで捲り去りました。
 京都勢の後位を手にした郡司ですが、前と離れてしまいました。藤木の速度に併せられない郡司ではなかろうに、読みが甘すぎます。しかも鐘がなっているときに。買っていた方は残念だったでしょう。
 原田は、終始北日本の後ろから。あれではダメです。新田-慎太郎の三着狙いだったのでしょうか。

第11R
 深谷が主導権を握ったので何も起きませんでした。
 深谷-金子を逃がして、完璧追走だけの三谷竜が印象的でしたね。その後位から直線で何もできずに消える村上弟は、さらに印象的でした。
 山田の速度が良かったですね。コイツは、かなり脚が仕上がっていると見ました。

第12R
 平原のイン粘り。浅井は失格。
 飛騨の準急先行(ややグレードアップしてみた)が展開に恵まれて一人旅でした。


◆準優目の決まり方(スジが違えば大穴ばかり。難しいです。)
スジ 6
 AB 2 逃マ1 捲マ1
 BA 2 差逃1 差捲1
 BC 2 捲マ(2個とも二段捲り)
筋違 5
 AB 1 捲捲1(Bといっても2段の川村。村上差せず))
 AX 1 逃捲1(浅井の失格)
 BB 1 差差1(番手から神山)
 XB 1 差差1(実質上交わしの交わしだが2マンシュウ)
 XX 1 捲マ1(岡村潤の間捲り)
 
◆本日は所用があり、間に合っても7Rくらいからになりました。


第7R
 負け戦で強い山﨑が菊池と和田圭を連れて捲り去る。と読みたいが、天田-木暮-磯田の二段駆け体制が障害となる。天田は安く見たほうが吉と信じているが、この構成では逝くか。オッズと相談。たぶん見

第8R
 見


第9R
 郡司の捲りを岡村潤が交わす。オッズと相談。


第10R
 ここは、好調山田を使う吉本が二段捲りで。差し目もあり。
 これは決まるのでは。
 原田が捲りで迫る。近藤よりは前にいろよ。


第11R
1◯金子 貴志 愛知 40 75 06/12 連日奮戦
2 村上 義弘 京都 41 73 01/14 タマシイ
3△新田 祐大 福島 30 90 08/14 出来一番
4 三谷 竜生 奈良 28 01 04/08 曲者自力
5 岩津 裕介 岡山 34 87 03/12 初日だけ
6 野田 源一 福岡 37 81 01/04 こそこそ
7◎深谷 知広 愛知 26 96 05/09 まずまず
8 川村 晃司 京都 39 85 02/11 調子最高
9 竹内 雄作 岐阜 28 99 06/15 展開向て
 6 35(即席) 482(タマシイ同県) 971(師弟)


「レッドボード視認しました」
管制『一段ロケット飛騨準急点火』
「飛騨準急点火しました」


「4時方向にタマシイ国ロケット視認しました」
「飛騨準急の燃料が切れます」
管制『飛騨準急切り離し。二段ロケット三河元怪物点火』
「三河元怪物点火しました」


「タマシイ国近接しています」
管制『三河元怪物フルブースト』
「三河元怪物フルブーストしました」


「あっ。遥か上空に会津の真紅のロケットが」
管制『三河元怪物切り離し。三段ロケット点火』
「制御不能・制御不能」

 これが最悪で、かつありそうな展開だ。

 二段駆け体制の叩き合いって初めて見る。これはこれで面白そうだ。展開的には新田に絶好なのがしゃくだが。
 脚力的には、竹内-深谷が三谷-川村を上回るが、なんといっても近畿には「二段駆けのスペシャリスト」が付いている。そして、速度だけなら三谷が竹内を凌駕するかもしれない。両ラインの主導権争いはし烈を極めそうだ。
 下げてロング捲りに切り替えるとしたら竹内の方だろう。
 ともかく、叩き合っても、下げてロング捲りでも中部が近畿を制するとみた。竹内と三谷ではモノも経験も違う。そして深谷が番手捲りなら、スピードだって新田に劣らない。前にいるだけ断然有利だ。

KAGI


第4R
根田に期待しすぎだ。
P3120782

第6R
買う気がなかったレースだったけど、配当につれれた。全レースハズレを想定して少額で。
P3120783

第8R
このレースはもっと買いたかったけど。資金無く。
木暮が逃げるとは。
P3120784

第10R
原田は新田の三番手だったのか。
P3120785

第11R
かろうじて元どり。
P3120786

第12R
「それぞれの動きのなかで、それぞれの動きのなかで」と祈りを捧げたが。
5点買ったら6点目がくる。100点買ったって101点目がくる。
P3120788



第4R
懲りずに根田。
この構成なら千葉が人気だろうが、海老根に喰われなければそれなりに付くはずだ。
三連単独占の押し切り劇(逃げ切れとは言わない)だ。

第10R
1△新田 祐大 福島 30 90 11/15
2◎原田研太朗 徳島 25 98 15/25
3◯村上 義弘 京都 41 73 10/20
4へ柏野 智典 岡山 37 88 05/18
5へ郡司 浩平 神奈 25 99 14/18
6 藤木  裕 京都 31 89 05/15
7 佐藤慎太郎 福島 39 78 06/19
8 川村 晃司 京都 39 85 09/19
9 近藤 隆司 千葉 32 90 14/21
 17(同県) 24 59 683(タマシイ3車同県)
 自前の先頭誘導員を確保した京都勢の主導権は不動だ。
 最終ホームで村上の後ろに位置する選手は誰か。
 確率的には新田か。それでは面白くない。
 積極的に動けているときの原田は相当強いぞ。

第11R
1 神山雄一郎 栃木 47 61 06/15
2へ深谷 知広 愛知 26 96 09/16
3◎村上 博幸 京都 36 86 03/12
4◯山田 英明 佐賀 32 89 08/17
5△渡邉 一成 福島 32 88 05/09
6 牛山 貴広 茨城 34 92 07/21
7 金子 貴志 愛知 40 75 11/18
8 三谷 竜生 奈良 28 01 06/16
9へ園田  匠 福岡 34 87 05/16
 49 27(師弟) 516 83
 村上弟の出来が良い。 思い残すことは何もない三谷に乗って決める。
 三谷-村上弟-山田-園田で先制するのが条件だ。

第12R
1◯浅井 康太 三重 31 90 14/21
2 諸橋  愛 新潟 38 79 06/19
3へ岩津 裕介 岡山 34 87 11/16
4へ吉本 卓仁 福岡 32 89 10/18
5△平原 康多 埼玉 33 87 10/15
6 野田 源一 福岡 37 81 03/10
7◎竹内 雄作 岐阜 28 99 14/18
8 山内 卓也 愛知 39 77 09/25
9 飯嶋 則之 栃木 37 81 05/13
 718 5(2/9) 43 6
【竹内が逃げ切る三つの理由】
1 平原の後位が競りとなって先行一車かつライン最長
2 後ろもラインの浅井は存分に仕事ができる
3 平原が強いので浅井の消耗が大きい
 この三か月間逃げ切り勝ちが無い飛騨の各駅停車が大威張りの逃走劇だ。
 吉本-岩津も侮れない。

KAGI

二次予選の感想

吉本が上手に好位から捲りを繰り出した。この出来はどこまで続くのか。3着までスジ。

第10R
古性は仕掛けが遅いっ。もう少し早めなら、一成は外に浮くか7番手なのに。あれでは柴崎も引けない。

第11R
平原が捲りました。原田の先行でした。


◆四日目の決まり方
スジ 7
 AB 3 捲マ3
 BA 2 差捲2
 BC 2 捲マ1 差マ1
筋違 4
 AA 2 差逃1 差マ1
 AB 1 捲差1
 BB 1 差差1

◆本日までの累計
スジ 26 うち三連単独占14!
筋違 18

第10R
1 林  巨人 愛知 32 91
2へ渡邉 一成 福島 32 88
3△小倉 竜二 徳島 39 77
4 和田  圭 宮城 30 92
5へ池田 憲昭 香川 33 90
6 古性 優作 大阪 25 00
7へ佐藤慎太郎 福島 39 78
8◯柴崎  淳 三重 29 91
9◎南  修二 大阪 34 88
 274 81 693 5
 早い仕掛けはない構成だが、逃げるのはどちらだろう。
 古性と見た。一成に逃げられては、チャンスは無くなってしまうから。
 そうなると、一次予選で佐藤龍のイン粘りを凌いだ浪速の鬼脚が、番手から抜け出す。
 ヒモの選定が難しい。南が荒い仕事をした場合には、へんなのが出てきそうだ。「へ」を大量指名してみた。

第11R
1 浅井 康太 三重 31 90
2 神山雄一郎 栃木 47 61
3 原田研太朗 徳島 25 98
4 岩津 裕介 岡山 34 87
5 深谷 知広 愛知 26 96
6 飯嶋 則之 栃木 37 81
7 新田 祐大 福島 30 90
8 近藤 隆司 千葉 32 90
9 平原 康多 埼玉 33 87
 7 926 51 8 34
 無権利レースは深谷が走る印象がある。
 それなら浅井の頭が濃厚なので、妙味も何もありゃしない。

KAGI

深谷・浅井に加えて竹内・金子・山内の中部勢が準優の切符を手にしました。

第7R
川村は遅めにカマせました。追走した村上弟は余裕ありました。
天田はあんなもんでしょう。


第8R
竹内がすんなり4番手の展開は想定外でした。山田は何やってたのでしょうか。ただし3着にねじ込んでいますので、脚は好調でしょう。
これで竹内は準優で浅井を付けてもらえるでしょう。先行して粘れるかが注目されます。

第9R
飛脚先行の定時配送かに、最後尾から野田源の鬼脚参上。金子から狙うなら、ヒモには野田や牛山を入れておかないといけないですね。どのみちウラですが。
頭を決めても、ヒモをどう決めるか。スジ・力・展開のどれを重視するかが難しいですね。今開催はどうしてもスジに目が行きがちです。

第10R
小埜の奮走で稲毛が脚を使ったので、木暮が捲れる展開に見えました。しかし、村上の牽制でモロくも止まりました。柏野はなんとか。
諸橋は脚を使いながらも危ないコースを突いて届きました。


第11R
吉澤には補助輪が必要ですか。
A級の仕掛けのような三谷の先行を郡司が好位から捲りました。郡司は、連日捲りの展開に恵まれています。武田は、偶然の郡司後位も付いていけませんでした。

◆三日目の決まり方
(スジが多くて筋違いは取りにくい決まり方ですね。二次予選に限ってもスジ率は3/5あります。)
スジ 7
 AB 2 逃マ1 捲マ1
 BA 3 差逃2 差捲1
 BC 1 差マ1
 CB 1 差捲(負け戦の中川-北津留)
筋違 4
 AA 1 捲逃1
 BX 1 差捲1
 CC 1 差差1(大穴)
 XB 1 差差1(Xは野田源)

KAGI

原田は岩津が付いたら走りますね。岩津も見事でした。結局、新田の不死鳥捲りが間に合いました。

平原は前がもつれたところをひと捲り。神山と飯嶋がピッタリ、というかG前迫りました。

マーク陣では磯田、村上弟、岩津、神山、飯嶋、慎太郎あたりが良かったか。

自力では、小埜が印象以上だでした。平原と新田は普通かなあ。


◆二日目の決まり方
スジ 5
 AB 3 逃マ1 捲マ1
 BA 2 差逃1 差捲1
筋違 6
 AA 1 捲逃1(新田-原田)
 AB 1 捲差1
 BA 1 差マ1
 BB 1 差差1
 BC 1 差差1
 XA 1 捲逃1(小埜の捲り)


さて、二次予選です。ここからが本番ですね。
S班にはウマが付きました。
明日はGR賞で客が呼べるので、村上兄と武田の人気選手が本日登場します。


第8R
1へ山内 卓也 愛知 39 77
2◎渡邉 晴智 静岡 42 73
3 菅原  晃 大分 36 85
4△岡村  潤 静岡 34 86
5 竹内 雄作 岐阜 28 99
6 坂口 晃輔 三重 27 95
7へ山田 英明 佐賀 32 89
8 筒井 敦史 岡山 39 85
9◯根田 空史 千葉 27 94
 738 516 924
 これは楽しみな一戦だ。トーンダウンした竹内に根田が挑む、きれいな三分戦。双方ともラインもしっかりしている。
 展開的には、山田が中団を立ち回るから、竹内と根田は漁夫の利捲りは望めず、力勝負になる。叩き合いか、7番手覚悟の捲りにかけるのか。
 近況的にも配当的にも根田に期待する。

第9R
1◯小松崎大地 福島 33 99
2◎金子 貴志 愛知 40 75
3 牛山 貴広 茨城 34 92
4 野田 源一 福岡 37 81
5△山崎 芳仁 福島 36 88
6 小林 大介 群馬 38 79
7 大槻 寛徳 宮城 36 85
8 渡邊  健 愛知 42 76
9へ佐川 翔吾 大阪 31 94
 4 157 928 36
 飛脚先行を本線の北勢が捲る流れと見た。
 番手廻りの金子で。

第10R
 村上に配慮しずぎでは。木暮がどれだけやれるか。


第11R
 武田でしょう。吉澤を残せるか。

KAGI

第9R
1 香川 雄介 香川 41 76
2◯早坂 秀悟 宮城 30 90
3へ磯田  旭 栃木 26 96
4 松川 高大 熊本 27 94 
5◎佐藤 友和 岩手 33 88
6 畑段 嵐士 京都 25 05
7△小野 大介 福島 31 91
8 中村 一将 兵庫 39 86
9 天田 裕輝 群馬 30 91  
 257 41 93 68
 これは早坂のための番組だ。
 一次予選の最後を任された幸せ配達の主導権なら、天田ではなにも起こせない。
 畑段の捨て逃げがあっても、打鍾4角からカマシ捲りで仕留める。
 ただし、勝つのは佐藤だろう。

第10R
1 村上 義弘 京都 41 73
2◯佐藤慎太郎 福島 39 78 
3 諸橋  愛 新潟 38 79
4 石井 秀治 千葉 36 86
5へ岩津 裕介 岡山 34 87
6 稲川  翔 大阪 31 90
7 原田研太朗 徳島 25 98
8△大槻 寛徳 宮城 36 85
9◎新田 祐大 福島 30 90
 928 3 4 16 75
 原田(二車)程度の逃げなら新田が捲り去る。
 原田は仕掛けが遅い。その場合、慎太郎を連れた会津サイボーグの突っ張りがある。差し目妙味。
 落後の岩津(久留米ではよかった)の気配にも注目。マーク屋だけに落車に慣れていると思うが。

第11R
1へ山崎 芳仁 福島 36 88 
2 竹内 雄作 岐阜 28 99
3◎平原 康多 埼玉 33 87
4 菊地 圭尚 北海 35 89
5 金子 貴志 愛知 40 75
6△飯嶋 則之 栃木 37 81
7へ渡邉 一成 福島 32 88
8 大塚健一郎 大分 38 82
9◯神山雄一郎 栃木 47 61
 714 396 2(5/8)
 最終レースはいろいろ狙える構成だ。
 竹内の後位で金子が大塚に競られる。金子なんて攻められて当然だ。
 後ろ競りで展開不利なうえに、近時、航続距離に陰りが見られる飛騨快速は今日はいらない。
 平原が人気だろう。この男、今年に入って内抜き失格・落後に乗って飛んでお帰り、と客の期待を裏切り続けている。はたして。
 タイトルホルダーとなった一成の走りや如何に。付ける山崎が穴党期待の黒馬だ。ただし、踏み出しで離れるリスクがある。もちろん、一成は頭でも狙える。だが、前受けから平原にイン斬りされるだけに・・・。加えて、競技帰りで調整不足も心配される。
 展開的には平原。こいつの賢さは相当なものだ。神山も直ってきており追走可とみた。ただし、落車の影響は本人にしか分からない。無理して乗ってきている可能性があり深くは狙えない。準優で飛んで帰るような奴だから、平原は。
 現場や場外にいれば、本日の決まり方の流れで買い目を変えたいレース。

KAGI

↑このページのトップヘ