滅びし者へ

競輪の勝負記ありのままです。 買い目はは現地・場外でレース直前に決めますので、事前予想はあまりしません。 十数年ぶりにネットに書きます。

2017年06月

 竜馬がゆく。 
 今日は、全盛時代の神山みたいな中団取りだったな。先頭でピッチを上げながら、実は先行する気はなくて、慌てて叩いてきたラインの後ろに嵌ると。
 太田がパーキンスにマークする展開が、一番注目を浴びて売れると思うが。まあ、大槻が主張するのだろう。晩年の中野浩一みたいに、追い上げマークから差しとか・・・・。ありえないか。

 平塚のF1に乗っているけど、鮮やかなレース運び。平原みたいだったぞ。スジで決められていないってぇ?。いいのいいの、後ろは関西野郎だったから。
 太田が決勝にのってパーキンスをマークするのを見たい。付いていけるかどうか。

 最終的に買い目は、武田-平原-山田・井上とした。平凡すぎる。二段駆け恐怖症か。
 山田よ、あそこでイン掬いに行くか。いくだろうなあ。そりゃ選手は頭しか狙っていない。その意味ではイチかバチかの作戦として許す。
 タマシイラインが関東に抵抗できると読んでいれば、脚力一番の新田の頭は充分に狙えた車券だった。俺は、新田で無ければ、関東ラインを崩せないと思っていた。タマシイ+九州勢で関東が壊滅した。
 結局、「俺が脚は一番」と自信があれば、後ろで見てるだけでも展開が向くこともある。ってことだ。
 いろいろ勉強させられるなあ。

KAGI

第7R
1△山中 秀将 千葉 31 95
2◯永澤  剛 青森 31 91
3 岡村  潤 静岡 35 86
4 坂本 亮馬 福岡 32 90
5 小松崎大地 福島 34 99
6◎合志 正臣 熊本 39 81
7 和田  圭 宮城 31 92
8へ三谷 将太 奈良 31 92
9へ中村 浩士 千葉 39 79
 193 46 527 8
 山中が位置不問で捲り去ってしまう車券が売れるだろう。強捲りなら三連単までいける。
 しかし、小松崎もそれなりに元気だ。展開がもつれると、密かに伸びている合志が直線猛攻だ。

第9R
1 木暮 安由 群馬 32 92
2 浅井 康太 三重 32 90
3◯松谷 秀幸 神奈 34 96
4 椎木尾拓哉 和歌 31 93
5◎和田健太郎 千葉 36 87
6 横山 尚則 茨城 25 00
7 深谷 知広 愛知 27 96
8 坂口 晃輔 三重 29 95
9 郡司 浩平 神奈 26 99
 728 614 935
 強力な中部ラインだが、南関作戦で、郡司が逃げ飛ばし、深谷は不発。
 松谷が番手発進まで用意して、更に和田が交わす。

第11R優勝戦
1へ村上 義弘 京都 42 73
2 新田 祐大 福島 31 90
3へ平原 康多 埼玉 35 87
4◎山田 英明 佐賀 34 89
5 稲垣 裕之 京都 39 86
6△成田 和也 福島 38 88
7 吉田 拓矢 茨城 22 07
8◯井上 昌己 長崎 37 86
9へ武田 豊樹 茨城 43 88
 26 48 51 739
 吉田の特別初優出戦だ。後ろは平原-武田で鉄壁。吉田としては、後ろに勝たれてしまっても十分な勲章だ。平原=武田が売れるだろう。
 しか~し、このラインに易々とやらせたくないのは残りの6人。吉田が自信を付けて強くなってしまったら、関東ラインでたらい回しされるぞ。タマシイ背負った稲垣、成田が付ける新田も早めに動く。打鍾4角ではカマスだろう。特に新田に期待する。
 そうして展開が乱れに乱れて、九州ラインの出番が来る。
 武田-平原-山田を押さえる。

KAGI

第11R
1へ村上 義弘 京都 42 73
2 金子 貴志 愛知 41 75
3◯園田  匠 福岡 35 87
4 村上 博幸 京都 38 86
5 山田 英明 佐賀 34 89
6 椎木尾拓哉 和歌 31 93
7△三谷 竜生 奈良 29 01
8◎井上 昌己 長崎 37 86
9へ稲垣 裕之 京都 39 86
 914 583 762
 別れた近畿はガチでやるのか、はたまた、緩やかな連携があるのか。分からん。ともかくいずれにしても、九州連携で勝ち上がった山田が暴れる。そうしたら、つける井上で。できも良いぞこの男。ヒモに園田以外を期待する。特に稲垣(ゾロ目ですからね)。

第12R
1へ石井 秀治 千葉 38 86
2へ平原 康多 埼玉 35 87
3◯新田 祐大 福島 31 90
4 和田健太郎 千葉 36 87
5 武田 豊樹 茨城 43 88
6◎成田 和也 福島 38 88
7△郡司 浩平 神奈 26 99
8 松谷 秀幸 神奈 34 96
9 吉田 拓矢 茨城 22 07
 36 14 78 925
 吉田-平原-武田の並びが実現した。競輪ファンが夢に見た鉄壁ラインなのか。対抗する南関は分かれた。
 吉田も4着には残りたいから死に駆けはない。それならば、いちばん強い自力選手(新田)が主導権だ。そして成田が差す。新田は3着でよいぞ。

パソコンが不安定になってこまってるKAGI

全世界約20名の読者の皆様。
この開催は完全スルーする予定ですので、お知らせします。
こんなんでG3なのか。外国人のための開催じゃ。外国人の希望を忖度したな。

第11R
1 新山 響平 青森 23 07
2 成清 貴之 千葉 43 72
3へ古性 優作 大阪 26 00
4 芦澤 大輔 茨城 35 90
5◎石井 秀治 千葉 38 86
6 川口公太朗 岐阜 27 98
7へ椎木尾拓哉 和歌 31 93
8△藤田 大輔 千葉 32 91
9◯諸橋  愛 新潟 39 79
 582 9 37 14 6
 古性は重い感じがするので。
 芦澤の仕事次第で大混戦も。

KAGI

 落後などで出来を不安視していた自力型が、大量にシード前に進出しました。はたしてどうなるでしょうか。ベテラン吉田敏がなかなか好気合ですね。

第12R
1 吉田 拓矢 茨城 22 07
2へ椎木尾拓哉 和歌 31 93
3 佐藤慎太郎 福島 40 78
4へ吉澤 純平 茨城 32 01
5◎原田研太朗 徳島 26 98
6 新山 響平 青森 23 07
7 諸橋  愛 新潟 39 79
8◯吉田 敏洋 愛知 37 85
9△武田 豊樹 茨城 43 88
 82 63 1497 5
 助さん角さんを露払いに、黄門様(=武田)が悠然と。後ろには八兵衛までついている。水戸のご老公様の世直し行列は万全だ。
 しかし、このご老公様の一行に刺客が。弘前屋の新山が徹底抗戦だ。同期吉田拓との先陣バトルは熾烈を極めるだろう。
 そう、西の悪徳代官の捲りが急襲する。それは原田か吉田敏か。両名とも上昇気配だが、悪顔なら原田だ。
 カッカッカッカ。

KAGI

 武田のウマがどれだけ勝ち上がるかに注目のシリーズですね。

第10R
1 脇本 雄太 福井 28 94
2 佐藤慎太郎 福島 40 78
3 成清 貴之 千葉 43 73
4◎横山 尚則 茨城 25 00
5 新山 響平 青森 23 07
6へ小嶋 敬二 石川 47 74
7△石井 秀治 千葉 38 86
8◯芦澤 大輔 茨城 35 90
9へ椎木尾拓哉 和歌 31 93
 73 48 52 196
 不調の新山が、「勝負ギア」と呼んでいた3.92を特選からかけてきた。逃げる気満々だろう。ということは、脇本と叩き合いだ。
 石井か横山がきれいに捲る。配当的に、上昇中の地元横山を指名した。

第11R
1△諸橋  愛 新潟 39 79
2 山賀 雅仁 千葉 35 87
3へ原田研太朗 徳島 26 98
4◎松岡 健介 兵庫 39 87
5へ松谷 秀幸 神奈 34 96
6 山口 富生 岐阜 47 68
7 吉田 拓矢 茨城 22 07
8 柏野 智典 岡山 38 88
9◯古性 優作 大阪 26 00
 52 38 946 71
 落車の影響が残る吉田が、諸橋を連れて逃げるが、その後位から浪速の鬼脚が猛攻だ。ライン3車のここは早めに仕掛けて松岡で変わる。

第12R
1 吉澤 純平 茨城 32 01
2◯合志 正臣 熊本 39 81
3へ坂口 晃輔 三重 29 95
4◎北津留 翼 福岡 32 90
5△武田 豊樹 茨城 43 88
6 飯野 祐太 福島 32 90
7 吉田 敏洋 愛知 37 85
8 朝倉 佳弘 東京 36 90
9へ岡村  潤 静岡 35 86
 42 158 73 69
 落車の影響が心配される吉澤が、主役の武田を引っ張る。吉澤で大丈夫なのか。吉田敏が積極的に出そうだぞ。そして、武田と同枠には「信頼の翼」(バージョンアップ)がいる。コイツが穴を開けて取り損なうと、損した気になるのはなぜだろう。
 目をつぶって翼マジックに期待。

KAGI

↑このページのトップヘ