優勝戦
1 早坂 秀悟 29 宮城 90 03/09 積極果敢
2 竹内 雄作 28 岐阜 99 06/16 特急先行
3へ村上 博幸 36 京都 86 02/05 準優見事
4 片寄 雄己 39 静岡 79 04/12 準優恵れ
5 金子 貴志 40 愛知 75 07/13 連日力強
6 岡村  潤 34 静岡 86 04/10 最近好調
7◯佐藤 友和 32 岩手 88 04/09 位地絶好
8△近藤 隆司 31 千葉 90 06/15 捲り一発
9◎渡邉 一成 32 福島 88 04/06 変幻自在
846 197 253
 【早坂がいる】
 北の幸せ配達人VS飛騨の快速先行とは。なんとも楽しみな優勝戦になった。
 記念争覇クラスで、最も積極的な先行型の対決だ。そして、近藤というフリカケの隠し味まで。
 さて、その両者、ラインの長さも、番手に同地区の機動戦士が付くところも同じ。
 地力・気配とも竹内が早坂を上回る。これは衆目の一致するところだけに、早坂は仕掛けを躊躇すまい。そして番手が自力の一成。逃がしてしまえば捕まえられないと竹内には相当な重圧だ。
 なおかつ、叩き合いを誘いたい南関ラインが中団中団と立ち回る。
 北-南関の逃げを打鍾4角から竹内ラインがカマシ捲る。ひきつけながら、最終的に二段で出る一成相手では、竹内はヒラヒラだ。相手は筋の佐藤と最後に仕掛ける近藤にコース突く村上で。
 金子が好気配だが、厄年過ぎの半自力オジサンのマーク戦だけに、評価を下げた。