横山・山中・渡邊雄の東の若武者は、頭で一次予選をクリアしました。中穴党の期待を一身に集めて、今日が正念場ですね。
 大駒不在の開催だけに、二次予選もいろいろ狙えそうです。

第10R
1へ神山雄一郎 栃木 47 61
2◎吉本 卓仁 福岡 32 89
3 小野 大介 福島 31 91
4 藤田 大輔 千葉 31 91
5△小野 俊之 大分 39 77
6 真船圭一郎 福島 27 94
7◯杉本 正隆 茨城 29 96
8 中曽 直彦 千葉 43 74
9 長島 大介 栃木 26 96
 63 25 917(神様同県) 48
 初日に少しだけ伸びていた神山が展開に恵まれた。売れるだろう。
 しかし、ズブズブなんてそうあるものではないぞ。
 過密配分が気になるが、今年になって好走が続く吉本が一撃。

第12R
1◯渡邉 晴智 静岡 42 73
2△竹内 雄作 岐阜 28 99
3◎早坂 秀悟 宮城 30 90
4へ阿竹 智史 徳島 33 90
5 郡司 浩平 神奈 25 99
6 片寄 雄己 静岡 39 79
7 中村  淳 栃木 44 69
8 石毛 克幸 千葉 39 84
9 村上 義弘 京都 41 73
 37 2 94 5618(大名行列)
 南関4車の二段駆けに、飛騨快速と幸せ配達が捲りで挑む。これはこれで、めったに見られない面白い構成だ。そして、竹内と早川は偶然並んでしまうかもしれない。そう、立川記念の決勝の脇本と原田のように。
 ともかく、早坂を推す。速度なら早坂が竹内を凌駕する。村上の奮戦で、出てこい阿竹3着に。

KAGI