◆準優の感想

第10R
 藤木がやや遅く打鍾くらいからフルスロットル。この遅めの仕掛けが良かったです。相手は捲り屋ばかりなので、誰も襲い掛かってこないと見透かしていたのでしょう。
 京都勢が、まんまと二段駆けに持ち込みましたが、あざ笑うかのように、6番手・新田が異次元のスピードで捲り去りました。
 京都勢の後位を手にした郡司ですが、前と離れてしまいました。藤木の速度に併せられない郡司ではなかろうに、読みが甘すぎます。しかも鐘がなっているときに。買っていた方は残念だったでしょう。
 原田は、終始北日本の後ろから。あれではダメです。新田-慎太郎の三着狙いだったのでしょうか。

第11R
 深谷が主導権を握ったので何も起きませんでした。
 深谷-金子を逃がして、完璧追走だけの三谷竜が印象的でしたね。その後位から直線で何もできずに消える村上弟は、さらに印象的でした。
 山田の速度が良かったですね。コイツは、かなり脚が仕上がっていると見ました。

第12R
 平原のイン粘り。浅井は失格。
 飛騨の準急先行(ややグレードアップしてみた)が展開に恵まれて一人旅でした。


◆準優目の決まり方(スジが違えば大穴ばかり。難しいです。)
スジ 6
 AB 2 逃マ1 捲マ1
 BA 2 差逃1 差捲1
 BC 2 捲マ(2個とも二段捲り)
筋違 5
 AB 1 捲捲1(Bといっても2段の川村。村上差せず))
 AX 1 逃捲1(浅井の失格)
 BB 1 差差1(番手から神山)
 XB 1 差差1(実質上交わしの交わしだが2マンシュウ)
 XX 1 捲マ1(岡村潤の間捲り)
 
◆本日は所用があり、間に合っても7Rくらいからになりました。


第7R
 負け戦で強い山﨑が菊池と和田圭を連れて捲り去る。と読みたいが、天田-木暮-磯田の二段駆け体制が障害となる。天田は安く見たほうが吉と信じているが、この構成では逝くか。オッズと相談。たぶん見

第8R
 見


第9R
 郡司の捲りを岡村潤が交わす。オッズと相談。


第10R
 ここは、好調山田を使う吉本が二段捲りで。差し目もあり。
 これは決まるのでは。
 原田が捲りで迫る。近藤よりは前にいろよ。


第11R
1◯金子 貴志 愛知 40 75 06/12 連日奮戦
2 村上 義弘 京都 41 73 01/14 タマシイ
3△新田 祐大 福島 30 90 08/14 出来一番
4 三谷 竜生 奈良 28 01 04/08 曲者自力
5 岩津 裕介 岡山 34 87 03/12 初日だけ
6 野田 源一 福岡 37 81 01/04 こそこそ
7◎深谷 知広 愛知 26 96 05/09 まずまず
8 川村 晃司 京都 39 85 02/11 調子最高
9 竹内 雄作 岐阜 28 99 06/15 展開向て
 6 35(即席) 482(タマシイ同県) 971(師弟)


「レッドボード視認しました」
管制『一段ロケット飛騨準急点火』
「飛騨準急点火しました」


「4時方向にタマシイ国ロケット視認しました」
「飛騨準急の燃料が切れます」
管制『飛騨準急切り離し。二段ロケット三河元怪物点火』
「三河元怪物点火しました」


「タマシイ国近接しています」
管制『三河元怪物フルブースト』
「三河元怪物フルブーストしました」


「あっ。遥か上空に会津の真紅のロケットが」
管制『三河元怪物切り離し。三段ロケット点火』
「制御不能・制御不能」

 これが最悪で、かつありそうな展開だ。

 二段駆け体制の叩き合いって初めて見る。これはこれで面白そうだ。展開的には新田に絶好なのがしゃくだが。
 脚力的には、竹内-深谷が三谷-川村を上回るが、なんといっても近畿には「二段駆けのスペシャリスト」が付いている。そして、速度だけなら三谷が竹内を凌駕するかもしれない。両ラインの主導権争いはし烈を極めそうだ。
 下げてロング捲りに切り替えるとしたら竹内の方だろう。
 ともかく、叩き合っても、下げてロング捲りでも中部が近畿を制するとみた。竹内と三谷ではモノも経験も違う。そして深谷が番手捲りなら、スピードだって新田に劣らない。前にいるだけ断然有利だ。

KAGI