このメンバーなら、吉田拓矢は大威張りで優出して、優勝戦でも勝ち負けを演じないといけない。
 あと、三重の谷口がS級優勝をはたして上昇中だ。大暴れを期待したい。

第10R
1へ園田  匠 福岡 34 87
2 藤木  裕 京都 31 89
3 岡部 芳幸 福島 45 66 
4 稲村 成浩 群馬 44 69 
5 吉本 卓仁 福岡 32 89 
6へ坂本 貴史 青森 27 94
7◎木暮 安由 群馬 31 92
8 渡部 哲男 愛媛 36 84
9 西岡 正一 和歌 39 84
 29 518 74 63
 坂本の逃げを、吉本、木暮、藤木が捲る流れか。
 地元の吉本に年初の勢いなく、木暮も下降中。藤木は低空飛行が続く。勢いがいいのは坂本だが、地力的には劣る。
 う~ん。自力がたいしたことがない。そうなると追込みから。良化中の園田か。信頼度ゼロなんだが。
 やっぱり木暮だ。根拠は、これはF1のメンバーだからだ。木暮はF1は強い。

第11R
1 根田 空史 千葉 27 94
2へ野田 源一 福岡 37 81 
3◎村上 義弘 京都 41 73
4 佐藤 康紀 青森 41 73
5 菅原  晃 大分 36 85
6 高木 隆弘 神奈 47 64
7 古性 優作 大阪 25 00
8 後閑 信一 東京 46 65
9へ守澤 太志 秋田 30 96
 25 94 8 73 16
 根田が逃げる。しかし、この男、宮杯での印象皆無。逃げるだけで終わりそう。ガードが高木だし。
 タマシイを背負った古性だが、好位を目指すか。それとも、力まかせに捲るのか。
 地元の野田源は、近況では穴候補といえる勢いがない。
 結局、タマシイになるのか。


第12R
1△新田 祐大 福島 30 90
2◎井上 昌己 長崎 36 86
3 浦川 尊明 茨城 40 80
4へ松岡 篤哉 岐阜 33 97
5 成田 和也 福島 37 88
6 鈴木謙太郎 茨城 31 90
7へ三宅 達也 岡山 38 79
8 石毛 克幸 千葉 39 84
9◯松岡 貴久 熊本 32 90
 15 4 927 63 8 
 注目の一車は、宮杯で好走した井上だ。ラインも三車。ただし、前の松岡が先行選手ではないだけに。松岡が4や6の逃げを好位から先捲る流れで、番手から井上が抜け出す。これが必要条件だ。もちろん新田がいるので十分ではないが。
 久しぶりに見る成田に注目。新田は成田を連れたら走るのかも。

by_KAGI