◆函館バンクの特徴
 旧バンクに比べると直線は長くなっている。けっこう重いバンクで、夏は強い風がふくので先行は残りにくい。内が重いのも先行不利の要素の一つで、その分外が良く伸びるので、捲りはけっこう決まる。ただ、バンクにクセはないので、選手の力量がかなり反映される。
見なし直線51.3m

◆好調選手
成清貴之
新山響平


第10R
1 竹内 雄作 岐阜 28 99
2 山田 英明 佐賀 33 89
3 朝倉 佳弘 東京 35 90
4 菅原  晃 大分 36 85
5 木暮 安由 群馬 31 92
6 磯田  旭 栃木 26 96
7 笠松 信幸 愛知 37 84
8 山田 幸司 神奈 44 78
9 北津留 翼 福岡 31 90 
 924 536 178
 これは難解だ。
 飛騨各駅停車が逃げて木暮が中団で北津留が七番手までは分かる。そこからどうなるか。
 北津留の成績が上向いているのが気にはなるが。山田が黒馬か。う~ん。


第11R
1 永澤  剛 青森 31 91
2◎池田 憲昭 香川 34 90
3へ稲垣 裕之 京都 38 86
4 西岡 正一 和歌 39 84
5◯近藤 隆司 千葉 32 90
6 荒澤 貴史 北海 37 85
7△阿竹 智史 徳島 34 90
8 山下  渡 茨城 32 91
9へ和田健太郎 千葉 35 87
 16 72 3(4/8) 59
 主役稲垣の後位が競りだけに、南関が売れるだろう。
 もうひとヒネリして、成績上向き気配の阿竹に乗る讃岐の鬼脚でどうだ。


第12R
1△武田 豊樹 茨城 42 88 
2 土屋 裕二 静岡 40 81 
3へ川村 晃司 京都 40 85
4 三宅 達也 岡山 39 79
5◎菊地 圭尚 北海 36 89
6◯明田 春喜 北海 35 89
7へ松谷 秀幸 神奈 33 96
8 望月 永悟 静岡 39 77
9 筒井 敦史 岡山 40 85 
 156 728 394
 番手捲り以外のタケダの自力はいつ見たのか忘れた。その武田に地元勢二人が託された。まあ特選メンバーみたら他に菊池のウマはいないけれど(新田欠場が遺体)。
 しかし、このひどいメンバーなら武田でも捲れる。そしてバタバタ期待。
 川村の先行一車でもある。配当次第ではここからも。う~ん。

KAGI