第10R
1◎脇本 雄太 福井 27 94
2 岩津 裕介 岡山 34 87 
3◯平原 康多 埼玉 34 87 
4へ早坂 秀悟 宮城 30 90 
5へ原田研太朗 徳島 26 98
6 和田真久留 神奈 25 99
7 神山雄一郎 栃木 48 61 
8 佐藤 悦夫 栃木 36 86
9へ村上 義弘 京都 42 73
 52 6 4 378 19
 なんともこれは。
 出来の目立つ平原・脇本・原田が揃ってしまった。それぞれ後位にマーカーも付く。
 二車だが、ラインのある唯一の本格先行脇本が逃げる。しかし、早めに仕掛ける必要はない構成なので、村上には喰われない。その村上は腰痛明けで動きも良くなく、車間を空けて消えてゆくか。捌き捲る平原との一騎打ちだ。
 穴党期待の星・原田は平原より後ろだろう。岩津が付くだけに無視はできないけど。

第11R
1へ新田 祐大 福島 30 90
2△諸橋 愛 新潟 39 79
3◎稲垣 裕之 京都 39 86
4 横山 尚則 茨城 25 00
5へ園田 匠 福岡 34 87
6 小林 大介 群馬 38 79
7 守澤 太志 秋田 31 96
8 北津留 翼 福岡 31 90
9◯三谷 竜生 奈良 29 01

 17 85 93 426
 新田がやや恵まれた印象。しかし、その新田の昨日はどうしたことか。とぼけたのか。上手く深谷をけん制して(やや脚も使った)中団確保は良かったものの、原田の捲りについていけなかった。脚が落ちている。
 横山の逃げなら、後方ならカマシ、中団なら二角捲りで三谷が飲む。当然ながら、更に稲垣。諸橋の仕事ぶりが鍵だ。

第12R 
1 浅井 康太 三重 32 90
2◯成田 和也 福島 37 88
3 吉田 拓矢 茨城 21 07 
4◎根本 哲吏 秋田 30 97
5 武田 豊樹 茨城 42 88 
6 西村 光太 三重 30 96
7 芦澤 大輔 茨城 34 90
8 神山 拓弥 栃木 29 91
9 竹内 雄作 岐阜 28 99

 42 3578 916
 これはこれは。
 竹内(三車)対吉田(四車)とは。それぞれ積載する荷物も貴重品だ。その浅井と武田の出来も悪くないし。
 目をつむって、根本の捲り一発一本勝負(軽~く)。
 真面目に買うなら、混戦の強さを鑑みて、浅井よりは武田かなあ。まあ、お手並み拝見。