第10R
1 中川誠一郎 熊本 37 85
2 山崎 芳仁 福島 37 88
3◯金子 貴志 愛知 41 75
4 原田研太朗 徳島 26 98
5 大塚健一郎 大分 38 82
6 西村 光太 三重 30 96
7◎三谷 竜生 奈良 29 01
8 新山 響平 青森 22 07
9 香川 雄介 香川 42 76
 15 736 49 82

 これは豪華な負け戦だ。
 昨日、当日変更でギアを77から92に上げて単騎カマシに出た新山がそのままの大ギアだ。逃げる気満々だろう。
 連日外に浮くような苦しい展開から力走している三谷だが、ここは好位置が取れそうな構成だ。三番手からカマシ・捲りで一蹴だ。
 配当次第で、新山の逃切り。

第11R
1 浅井 康太 三重 32 90
2◯平原 康多 埼玉 34 87
3お稲垣 裕之 京都 39 86 
4へ深谷 知広 愛知 26 96 
5 村上 義弘 京都 42 73
6へ古性 優作 大阪 25 00
7△園田  匠 福岡 35 87
8 南  修二 大阪 35 88
9◎脇本 雄太 福井 27 94
 41 68 2 935 7
 脇本>深谷
 平原が今の脚でタイトルを取るには、番手飛び付きしかない。
 疲れが気になる脇本だが、展開に恵まれて戴冠。オリンピック代表がグランプリに揃い踏みだ。
 ただし、平原の飛び付きは近畿ラインも想定していること。好漢・脇本はカマシかもしれない。
 また、やりたくても狙いどおりの位置に飛び付けないこともある。
 あとは深谷をどう見るか。稲垣は二段で出られるので、消し。まったく脚を使わず勝ち上がっているので、元気ビンビンだろう、稲垣は。
 押さえは稲垣-村上でよい。いくらつくのだろう。

KAGI