【2日目回顧】
第6R
才迫が意地の主導権狙いも、中井がジャンガマシで出切った。石井の捲りに対して、稲垣が余裕の仕事差し。追い込む形なら稲垣はまだまだ強い。椎木尾もアウトで並走こらえて流れ込み。不発捲りの石井後位から海老根。

第7R
松岡の無欲の主導権を、打鍾前二角過ぎから叩き切った3着新山が印象的。頭は、松岡の不発捲りに乗った園田の鬼脚。いつも外回りする園田だが、今日は松岡が外へどいてまっすぐ踏めた。新山マークの慎太郎が2着。

第8R
三谷の展開勝ち。好位ながら4角から仕掛けた積極性(あるいは山田英を警戒してか)が良かった。近畿のワンツースリー。一周駆けの三谷は強いと思っていたが、打鍾4角からでも強い。

第9R
千葉勢がやった。田中晴の自殺先行からの二段駆け。この二車単配当は、客は読んでいたのだな。こんな時には、林のイン突きが3着

第10R
深谷の7番手打鍾カマシに浅井が千切れて、先行しながら嵌ったマクルの追込み。深谷が残る。マクルの三番手の中村淳が一車抜いて3着。

第11R
7番手に置かれて厳しかった吉田拓だったが、松坂の捲りを捲る形になったので何とか届いた。これは危なかった吉田拓。松坂の中団不発捲りに乗った晴智と、吉田拓マークの武田の2・3着

第12R
赤板突っ張りから二周先行の脇本を、原田が6番手からひと捲り。3番手におさまった吉澤は車が出なかった。偶然マークの郡司が流れ込み。最後方から捲った新田が3着。


第10R
1へ三谷 竜生 奈良 29 01
2△山崎 芳仁 福島 37 88
3 吉澤 純平 茨城 31 01
4◎新山 響平 青森 23 07 
5 村上 義弘 京都 42 73
6 林  巨人 愛知 33 91
7◯武田 豊樹 茨城 42 88
8へ芦澤 大輔 茨城 34 90
9 中村 浩士 千葉 38 79
 156 429 378
 吉澤が、武田を引き連れて逃げ飛ばすのだろう。新山がやりあえば、武田の横も相まって、まさに三谷の捲り頃だ。三谷-村上が押さえ。
 新山が、偶然の中団捲り、あるいは電撃カマシなら頭まで狙えると期待。ちょっと苦しいが。

第11R
1へ新田 祐大 福島 30 90
2へ原田研太朗 徳島 26 98 
3◎深谷 知広 愛知 26 96
4 佐藤慎太郎 福島 40 78
5ヘヘ園田  匠 福岡 35 87
6 和田真久留 神奈 25 99
7△椎木尾拓哉 和歌 31 93
8 渡邉 晴智 静岡 43 73
9◯金子 貴志 愛知 41 75
 14 397 68 25
 この構成なら、お師匠さんが付ける深谷が、脚を使わずに主導権を握れるのではないか。そうなれば、深谷の逃走劇場だ。
 金子よ、仕事してくれ。
 ヒモ穴に園田を期待。原田の不発捲りに千切れずに追走できて、昨日みたいに真っすぐ追い込めたら。あと、三番手から椎木尾も。

第12R
1◎平原 康多 埼玉 34 87
2へ郡司 浩平 神奈 26 99
3へ稲垣 裕之 京都 39 86
4 海老根恵太 千葉 39 86
5△吉田 拓矢 茨城 21 07
6 中村  淳 栃木 44 69
7 南  修二 大阪 35 88
8 近藤 隆司 千葉 32 90 
9◯脇本 雄太 福井 27 94
 284 516 937
 シード戦でブン回した脇本。調子はどうなんだろう。初日にはまずまずに見えたけど。
 その脇本が「先行主体」というコメントを出している。吉田も先行主体に攻めるのは必定。では、叩き合うのか。
 やりあわずに引くとしたら、脇本ではないか。そこからカマシ・捲れるかどうか。平原の仕事ぶりも注目だ。
 いずれにせよ、吉田があまり後方にいることは考えにくく、平原の首位が有力だ。昨日とぼけて、脚を温存しているのも好材料だ。
 連日マーク流れ込みの郡司だけに、捲り一発はあくまでも穴だ。

KAGI