古性が脇本に乗って、三谷の捲りに併せて、番手捲りで決めました。今節の古性は、見事でした。二着は、かろうじて稲川で、一番人気に応えました。
 三谷竜が、全盛時代の神山みたいな中団取り(ピッチを上げて先手選手に脚を使わせたうえで、空いた中団におさまる)から捲り返して、「あわや」までやりました。こいつも、なかなか強かった。

 太田竜馬は今日も逃げて、三番手から吉澤にひと捲りをくらいました。ひょっとして、しばらくは徹底先行で脚をつける作戦でしょうか。次走に注目します。

KAGI