第121R
1◎中川誠一郎 熊本 37 85 唯一生残
2 神山雄一郎 栃木 48 61 追走専念
3 武井 大介 千葉 36 86 混戦時注
4へ石井 秀治 千葉 37 86 出来一番
5へ香川 雄介 香川 42 76 近況元気
6 新山 響平 青森 23 07 先行力強
7 郡司 浩平 神奈 26 99 役割明確
8△小埜 正義 千葉 35 88 責任重大
9◯稲垣裕 之 京都 39 86 捲り一発
 91 62 5 7843
 好気合の南関勢が、4人も優出した。そして、郡司パレードを強行する。そこに待ったをかけるのが、稲垣ではなく新山だ。新山は、ラインは2車しかなく、しかも後ろは神山と心もとない。しかし、ここは捲りでは苦しい。カマシだろう。バックが一本棒となる可能性は、極めて低い。一列になるとすれば、神山が行方不明で、新山にパレードが続く場合だけだ。
 そう、稲垣の出番だ。そして、勝つのは中川。稲垣が不発でも、そこそこ迫ってくれれば大外猛攻で前団を一飲みだ。
 すんなりの場合の、小埜=石井のどちらかが押さえ。

KAGI