郡司パレード完成。小埜の番手捲りを石井が交わして、南関がワンツーを決めました。三着は、大外をなんとか中川が間に合い、ワンツースリーは阻止しました。

 いまさらながらですが、郡司のモガける距離は短いですね。中団を回った稲垣は、動きが悪いです。グランプリに向けて乗り込み中でしょうか。新山は消極が過ぎます。あそこ(打鍾)でバック踏んではダメだろう。

 ところで、グランプリの前座S級シリーズに、太田竜馬の追加が決まってます。岸和田記念では、105点くらいの選手に見えた太田ですが、暮れまでに上積みして、110点くらいの走りを見せて欲しいものです。挑む相手は、脇本、吉澤、早坂あたりです。

KAGI