見事だ。サンサンでタマシイ2段駆けを捲り切った新山。あれが太田だったら、大絶賛なのだが。
 対照的に、太田は打鍾で内に差し込んで、6をどかそうとしてならず。訳の分からない大凡走だ。それでも、4角から行こうとしたら、新山に偶然乗れたかもしれなかったけど、太田は仕掛けず。
 ともかく、タマシイラインの2段駆けが粉砕されたのは、痛快なことだ。
 あ、優勝はイン斬りから、村上後位を占めた和田マが、新山に切り替えて追い込んだ。2着にしぶとく村上で3着が新山だった。

 確認していないが、太田って8.9着が少ないのでは。

 解説で内林が、太田と吉澤を比較して、「番手に嵌ったことを、反省している吉澤は目指すところが高い。番手に嵌ってうまくいったと思っている太田は志が低い」。的なことを言っていたが、それは違うと思うぞ。ラインの厚みが断然違うんだ。二段捲り作戦を取れる地区と、そうでない地区。その違いは、月と太陽の距離くらいちがうんだ。

 太田よ、ゲリラでもいいぞ。とにかく暴れて欲しい。

KAGI