展開自体はほとんど読んでいなかったが、新田が深谷より前を周っていようとは、夢にも思わなかった。新田が捲って楽勝。思い切って諸橋を千切ったか。

 まあ、それはうがちすぎだろうが、新田に付いていけるのはホントに少数だということだ。そこで思い出すのが一成だが、今回の欠場理由はなんだろう。

 それと、太田は初日失敗も、あとを立て直した。特に今日の特別優秀は見事だった。うっとうしいヤマコウに口を挟ませない快勝だ。これでだいぶ株があがったな。

 困ったことは、新田とはレベルが違うが、太田に付いていける選手が瀬戸内にいないことだ。太田のダッシュが原田と同等としたら、確実につき切れる選手は皆無ではないか。

 最後にひとこと。深谷に喝!。

KAGI