滅びし者へ

競輪の勝負記ありのままです。 買い目はは現地・場外でレース直前に決めますので、事前予想はあまりしません。 十数年ぶりにネットに書きます。

タグ:雑感

 最終的に買い目は、武田-平原-山田・井上とした。平凡すぎる。二段駆け恐怖症か。
 山田よ、あそこでイン掬いに行くか。いくだろうなあ。そりゃ選手は頭しか狙っていない。その意味ではイチかバチかの作戦として許す。
 タマシイラインが関東に抵抗できると読んでいれば、脚力一番の新田の頭は充分に狙えた車券だった。俺は、新田で無ければ、関東ラインを崩せないと思っていた。タマシイ+九州勢で関東が壊滅した。
 結局、「俺が脚は一番」と自信があれば、後ろで見てるだけでも展開が向くこともある。ってことだ。
 いろいろ勉強させられるなあ。

KAGI

 古性がやりましたね。ゴチャゴチャになった3・4角で、車の間へ入っていった闘志は見事と思います。マーク屋のくせに、サンドを嫌って3角で止めた金子とは対照的ですね。
 その古性を追って、イン付きで二着の岩津も、さすがの走りでした。古性を交わせなかったのは、俺が頭で買っていたからでしょう。

 古性よ浪速の動ける鬼脚となれ。

KAGI

 そりゃ、たぶん買いますよ。いい(いつもの)メンバーが出てますからね。番組もチェックしています。
 でも、全プロってアマチュア競技は、月曜日に行われるのでしょう。それで親王牌の特選シードやら出場選手が決まるんなら、配分された選手は、何を目的に走るのかな。少なくとも土日に落車はしたくないでしょうね。
 基本的に、SS主体のスジ車券でいいのかなあ。

 新田は脚の勝利。
 そして小原は闘志の3着。
 ともかく、関西大名行列の思惑を粉砕した。
 小原には殊勲賞・敢闘賞をあげる。
 新田には?。新田は横綱なので三賞はありません。

KAGI

 やれ
「幻の」 だの
「奇跡の」 だの
「折れた」
などと言ってゴメンナサイ。北津留様。

 まさに信頼の翼。羽ばたく光速捲り。

 しかし、貴殿は優勝するとき「持っている」としか思えない勝ちっぷりですね。今日なんか、山田ごときの先行に500バンクで、武田がインで粘るとは。そういえば、準優も関東ラインに付いていただけで、3番手を確保されておりました。見てるだけで好展開をものにする、「翼マジック」。

 武田には喝!イン粘るならもっと放り上げんかあ。

KAGI
 

 ちょっと朝酒飲んだので、過ぎたことをグダグダ書いてみる。
 去年の記念の優勝戦(岸和田だったかなあ、近畿が分かれて古性が優勝したやつかな)で、三谷が往年の神山のように、前でピッチを上げながら「逃げるぞ逃げるぞ」と見せて中団を確保したレースがあったと思う。
 この男は、そうとうレース勘がいいのかなあ。ダービー優勝戦は、脚力もあるが、位置取りの勝利だった。ただ、時として前と車間が空くときもある。ダッシュがちょっと苦手なのかな。
 ともかく、これで、グランプリも決まり賞金もたまったことだし、これから近畿を引き連れて逃げて見せて、年末には位置取りをして頭を取ってもらいたいものだ。
 捲りでしか勝てない奴(=平原)が輪界最強なんてダメだ。初心者にもわかりにくい。逃げ・捲り兼備のもっと凄いのが現れないといけない。まあ、それは三谷ではないだろうが。

三谷は、トリッキーに内から追い上げて、中部の後ろを取ったのが大きかった。
そして、三番手で無風。山田と平原はその後位で位置の取り合い。
直線一気でした。
これで、三谷は余裕をもって特別を走れますね。

平原はイン斬りにいかなかった。三谷と山田の中団争いを捲るつもりだったのだろうか。
それとも、あそこで動いたら、追走した深谷が脚を使わずに先行できるのを嫌ったのだろうか。

KAGI

 ほとんどの人が思い描いたとおりの展開で、あとは脚力の問題でした。
 あの展開で、古性は届かないと思っていたけど・・・
 古性が強かった。お見それしました。それと、浅井はやや?だったかな。
 ほんとに、見事過ぎの今節の古性だ。浪速の鬼脚として、今後暴れて欲しい。

KAGI

 スタートで誰も出ない。で、本命の平原が受けて立つことに。これは仕方ない。郡司にイン斬られて、下がった関東黄金。その後は脚を貯めることにして、中団を争わず。
 稲垣の打鍾先行を中段から捲った郡司が、マークの中村を振り切って優勝。南関ワンツーで三着に平原。
 番手の稲川に気づく間すら与えない光速捲り。郡司様お見それしました。平原と同タイプだけに、郡司はすこし苦しいと思っていました。出来もよさそうに感じなかったし。
 ともかく、これからの南関に注目してみることにしよう。
 しかし、稲川にはガッカりだ。ろくな仕事もできずにコケるとは。

kagi

 青版過ぎから、稲垣がイン斬りにいったけど、バックで新山が突っ張った。どうも全突っ張りの作戦だったな。
 泡喰った稲垣は、中団で竹内の外で並走。竹内も内でねばるが、先行選手ではない稲垣が仕掛けていくはずもなく。ダラダラ競りが続いた。本線車券は終了。
 河端も買っていたので、一応期待してみたが、やっぱりダメ。
 番手から早めに踏んで小松崎。中団確保からインをつたってきた稲垣と、小松崎に付けた成田が2着同着だった。
 竹内には、思い切って後方まで引いてほしかった。
 小松崎から狙った賢明な客には、絶好すぎる展開だった。

KAGI

↑このページのトップヘ